スウェーデン刺しゅうは長く刺せる!ということで、これまでも布巾いっぱい、85cmまでは刺してきましたが、
今回はその倍の長さを刺しています。
久家道子先生は、スウェーデン刺繍は大きくどこまでも刺すことが出来るから、ベッドカバーなども刺せるように
広幅で織りましょう!と、始めてこの生地を織った時に 広幅で織ったのです。

今回はその生地を使っています。

f0361510_19110302.jpg



f0361510_19111700.jpg


日本ヴォーグ社 「手づくり手帖」をご覧になって、始めてスウェーデン刺繍をご覧になった方もいらっしゃるでしょうか。
掲載のテーブルセンターキットも本発売と同時にお申込みがあり、好評とのことで、とても嬉しいです。
特集にもなっている広島のチューリップさんの針をセットして頂きました。


今回の作品も『スウェーデン刺しゅうの図案帖』でも、私の作品は久家道子先生のオリジナルスウェーデンクロスを使用しています。

このクロスは針を進めると自然に布に通るような刺し易さを大切に織られたので、仕上げが柔らかく、布目のカウント数も少し粗くなっています。
他のメーカーさんのスウェーデンクロスとは目数が違いますので、手芸屋さんや通販でお求めになった生地で刺される場合は
出来上がる模様の寸法などに違いが出ます。


仕上げがソフトなので、その分 水通しすると縮みます。
他の生地と縫い合わせる場合には、刺しゅうしてから水通しして、お使いになることをおすすめしています。
刺しゅう糸も一緒に縮み、まるで織物のようにきれいに縮絨します。

他のメーカーの生地はピンクや水色などの色があったり、きちんと仕上げてある、良さがあります。

やってみたいけれど、近隣の手芸屋さんにはスウェーデンクロスを販売していなくて、材料が揃わないとの
声も届いています。

久家道子オリジナルスウェーデンクロス ご希望の方は、㈱アトリエ久家にお申し込み下さい。
生成りと黒の2色 布幅86cm 「50cm単位」で販売しています。


生成り 3,240円(税込)/ 1m
黒   3,780円(税込)/ 1m

50cm単位

送料は1mまででしたらレターパックに入りますので360円です。

お申込み頂いたあと、 金額と振込先をお知らせして、お振込が確認出来次第の発送になります。
お申込みはメール又はFAXでお願いします。
㈱アトリエ久家
メール kenji@atelier-kuge.co.jp
FAX 03-3381-1849 

申し訳ありませんが、現在のところ 刺しゅう糸や針は販売しておりません。
5番糸が手に入らないという方もいらっしゃるようです。
25番糸で刺される場合は、6本どりや、12本どりで刺すこともできます。


京橋にある越前屋さんでは、スウェーデンクロス、5番糸も全色!!
スウェーデン刺繍針も各種取りそろえていらっしゃるのでオススメです。通販もあります。
HPにはオリムパス社のクロスしか出ていませんが、お店には久家道子オリジナルのクロスもあります。
今回私が刺している 広幅175cmかもしれません・・・。(お値段は倍です)


スウェーデン刺しゅうの図案帖は、ページごとに色合いを合わせて刺したサンプラーが沢山あり、
ほぼ実物大で掲載しています。
例えばポーチを作る時、作りたいもののサイズに紙を切り抜いて窓からのぞくようにして、
図案を決めるのもおすすめです。

今後のワークショップは、下記のとおりです。決まった時にはBlogやインスタグラムでお知らせしています。
5/29 北欧手しごと教室 
6/8 三越日本橋本店はじまりのカフェ
6/26 北欧手しごと教室
8/2 三越日本橋本店はじまりのカフェ
9/4 朝日カルチャーセンター新宿


また、私がDesignしたキットが フェリシモで販売されています。
こちらもぜひお楽しみ下さい。















[PR]
# by Atelier18 | 2018-05-20 19:02 | ハンドメイド | Comments(0)

f0361510_14562650.jpg


日本ヴォーグ社 手づくり手帖 初夏号 涼やかな手仕事 
心待ちにしていた本が 本日 届きました!!

昨年秋から作っていた作品の数々・・・。
第2特集 大人の学校 「日本生まれのスウェーデン刺しゅう」として とても魅力的なページになりました。



f0361510_14564174.jpg


ファブリックパネルやクッション・・・ハンチング等など・・・。


ハンチングはこちらのBlogにも 2016年 8月にその製作過程について 記しています。

2段上がりのバリエーションを全面に施したものを、帽子作家のニングルさんに仕立てて頂いたものです。


f0361510_14565903.jpg


テーブルセンターのレシピも掲載。
こちらはキットも通販されます。

作品展でも多くの皆さんが刺してみたい!!と仰っていた ファブリックパネルの図案も掲載しています。
糸がとぶのでバッグなどにはむきませんが、密度があって刺し始めると止まらない・・・図案です。


私のあこがれの染色家 吉岡先生のお話や、私もスウェーデン刺繍で愛用の 針のチューリップさんについて・・等など、 
読み物としても面白い 「手づくり手帖」。

ぜひ手にとってご覧ください。
Amazonからも購入できます。


掲載のこのクッションを刺してみたい!!
とおっしゃる方も多いので、この刺し方のワークショップをしてみようかなと計画中です。
クッションは大きくて なかなか大変なので、まずは小さなポーチなどを考えています。

「スウェーデン刺しゅうの図案帖」発売からまもなく2年。
スウェーデン刺しゅうの輪も広がってきました。
そろそろ、アトリエでワークショップ始めようかなと 思っています。
第一回目に このステッチにしようかな・・・と。

お楽しみに・・・!!


[PR]
# by Atelier18 | 2018-05-16 14:53 | ハンドメイド | Comments(0)

この度、駒沢公園から程近い、エジプト文化教育科学局に於いて、

「エジプト・コプト裂」 展
久家道子のプチポアン刺しゅうによる再現

を開催することとなりました。

会期 5月31(木)~6月10日(日)11:00~17:00
(6/2土・6/9土・6/10日は14:00まで)
会場 エジプト大使館 文化・教育・科学局

f0361510_14060243.jpg

上の「戦うライオン」はプーシキン美術館所蔵の作品を、プチポアン刺繍によって再現したものです。
長い歴史の中に染み込んだ「時の流れ」を大切にするために、この様に、色の異なる刺繍糸を2本取りにしたり、破損した部分はそのままに再現しました。

様々なモチーフをプチポアンなどの技法で再現した作品を30点あまり展示致します。

f0361510_17392289.jpg


会期中、6月3日(日)15:00~17:00
立教大学教授 加藤磨珠枝氏による講演会も開催致します。
コプト布研究家でもある先生から、「コプト装飾布の美的世界」についてお話を伺います。
是非皆様お越し下さい。
(参加無料 事前申込不用)

f0361510_17394296.jpg

会場は「エジプト大使館文化教育科学局」
東京医療センター側です。
東京都目黒区東が丘1-19-17


f0361510_17400361.jpg

この機会に、エジプト文化と、ヨーロッパ発祥のプチポアン刺繍の交流を是非ご覧下さい。

[PR]
# by Atelier18 | 2018-05-08 18:25 | Comments(0)

5月になりました。
早速蒸し暑く、夏日ですね。

日本ヴォーグ社「手づくり手帖」17号 初夏号がまもなく発売になります。
テーマは「涼やかな手仕事」
特集はタディングレース。

そしてそして!!
第2特集「大人の学校」は「スウェーデン刺しゅう」!!

大好きな『手づくり手帖』ということで、その嬉しさを込めて作品を作りました。
素敵な写真を撮って頂き・・・素敵なページになりました。





スウェーデン刺しゅうをどんな作品に仕上げるか、というのは常に私のテーマですが、
様々な手芸が掲載される手づくり手帖ということで、
今回は 「スウェーデン刺しゅうでしか出来ないこと」を意識してデザインしました。

刺しゅうを長く続けて刺せる という特性を生かして密度のある刺しゅうを布幅いっぱいに刺し、
クルミ材に埋め込んで ファブリックパネルに。

f0361510_17482688.jpg


又、シンプルなステッチを途中で変化させて模様を作り出したクッション。などなど・・・。


RECIPEも掲載しているのは テーブルセンター。
晩秋に製作しましたが、「涼やか・・涼やか・・」と念じつつ、「夏の森」をイメージして作りました。

これは初めての体験でしたが、刺しながら、不思議と新緑の木の下を歩いているような気持になり、
これまで重ねてきた数々の夏の旅の思いでが鮮明に思い出されました。
特に馬に乗って木々の間を歩いた時の感覚です。
(蓼科で外乗り70分という体験は素晴らしかった!!)

こちらは2段上がりと3段上がりとクロスという、スウェーデン刺しゅうの基本的な3種類のステッチを使ったものなので
スウェーデン刺しゅうをはじめてみたい方にもおすすめです。
これから始めて、旅先に持っていくのもオススメです。

涼やかなページになっています!!



作品展の準備と重なり、製作に没頭する日々でしたが、
重厚感のある作品になりました。

「見たことのない作品を作って欲しい!」という難題を出して下さった編集者さんに何より感謝です。
是非ご覧ください。












[PR]
# by Atelier18 | 2018-05-02 14:20 | ハンドメイド | Comments(0)

4月26日は2ヶ月ぶりの三越本店 はじまりのカフェでのワークショップでした。

はじまりのカフェ企画の方のご提案で、今月は「母の日」に送れるアイテム・・・ということで、ポーチにしました。
サンプルは、カーネーションを意識した色選び・・・。

使いやすいサイズで、マチ以外は縫ってあるポーチに刺します。

3段上がりのこの図案は スウェーデン刺しゅうの代表のような刺し方です。
久家道子先生から引き継いだ2代目として、私自身は新しい感覚で作品を作りたいと、
自然にこの刺し方から離れようとしていたところもあったのですが、
先日の作品展に向けて作品を作る中で、久しぶりに刺してみたら、楽しくて楽しくて止まらない!!のです。

やはり王道は魅力的でした。



f0361510_16011281.jpg

ピントが合っていませんが このように刺しゅう糸を沢山並べて 色を選んで頂きました。
初めてご参加の方も多かったので、参考になるかと思い、私がグラデーションで3色を何パターンか組んでおきました。
今回は合計6色使うので 色選びも丁寧に・・・。



f0361510_16015359.jpg

今回は9名のご参加でしたが、1テーブルにつめてチクチク。
私のワークショップでは、「お隣と協力しあって下さい♪」とお話するのですが、
「これでいいのかな~」など、自然に声に出ると、お隣がが助けて下さることが多いのです。
そんな中で交流も始まります。

色も違うので、景色が違って、見合う時間が楽しいのです。


f0361510_16021778.jpg
こちらは初めてのスウェーデン刺繍。きれいに出来ています!!



f0361510_16112774.jpg
2時間で出来るのは、早い方でこの位です・・・。
ここまで出来れば 糸を重ねていくくり返し。

あとは楽しい宿題。


早速いつもご参加のWさんから、作品完成しましたとのメールを頂きました。
ワークショップでは模様の一部しか出来ないので、こうして完成したところを見るのが本当に嬉しいのです。

優しさと華やかさを感じる色合いで、配色を表と裏とでグラデーションの順を逆にされました。


f0361510_14582721.jpg


f0361510_14583553.jpg


こちらはWさんのマカロンポーチ。
はじまりのカフェでのワークショップで一度作ったのですが、
いろいろな図案で沢山作って見せて下さいました。

クチュリエキットの図案や、雪の結晶の図案などをアレンジして1本取りで刺されています。
こうして見せて頂くと、私も勉強になります。


f0361510_16024668.jpg

次回は6月8日。
今度は「父の日」にもプレゼントできるように、、、カードケースです。
サンプルは女性向けですが・・・大好きな色で作ります。

是非ご参加お待ちしています。

f0361510_15292123.jpg




[PR]
# by Atelier18 | 2018-04-27 15:55 | ハンドメイド | Comments(0)