スウェーデン刺繍1日講座

f0361510_10444490.jpg


秋からの講座に向けて月1×6回のコースでどのように進めるかカリキュラム考え中。
これまで、1日講座とプチポアンの達人の方向けのワークショップだったので、
少し視点をかえて作ってみようとと思います。

スウェーデン刺繍の図案帖のサンプラーでは黒地に刺した図案を秋らしい色で刺してみました。
刺していると、これを赤系でさしたら冬にいいかしら・・・と次のアイデアが浮かんだり・・・。
色を変えれば簡単に季節感も楽しめます。


写真に針が3本付いていますが、
配置と色が決まってしまえば、このように、針に糸をつけて最初の数段だけ刺して、
針を休めておくことが出来ます。
(各社、針も長さの違う3本セットで販売が多いです)

私は2時間待ちが当たり前の病院に行く時には、前の晩に色選びをして、
このように何本も刺しておき、待ち時間にチクチクします。
病院に行くことも、待ち時間も、楽しい時間になります。
セラピー効果バツグンの刺しゅうです。

1模様刺せてあれば、繰り返しなので図案もいりません。
生地と針と糸ををくるっと巻いてバッグに入れて何処へでも持って行けます。


そんなスウェーデン刺繍。
まずは9月に1日体験がありますので、是非ご参加下さい。
https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/c227c773-aa21-feaf-c6ac-57317865a839

スウェーデン刺繍考案者であり名付け親、久家道子先生もいらっしゃいます!!
[PR]
by Atelier18 | 2016-06-30 11:17 | Comments(0)