人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 70 )

まもなく私が長期入院を終えて退院してから2年になります。

写真は私が入院中に病室で刺したスウェーデン刺しゅう。
病室で細かい裁断など出来ないので、20×20の正方形に刺しゅうをする、ときっぱり決めて刺しました。
正方形の中に何を表現するか、はじめに浮かんで作ったのがこの作品です。

f0361510_1351359.jpg


私は自由学園に学び、卒業後は20年間、自由学園工芸研究所で染織の仕事をしていました。
研究生の2年間、ヨハネス・イッテンの「色彩の芸術」に基いて、色彩や質感のコンポジションなどを、
毎日毎日ガッシュで描いて、山室先生、笹川先生に見て頂きました。

自由学園工芸研究所の設立に携わった山室光子先生、笹川和子先生は、
1930年 ヨーロッパに留学。チェコスロバキアで工芸を学んだ後、バウハウスの指導者であった
ヨハネス・イッテンのもとで学び、帰国後、指導者として研究所のデザインやや
自由学園の教育の基礎になりました。
ヨハネスイッテンのもとで学んだ日本人はこのお二人だけのようです。
http://jiyu-craft.typepad.com/

スウェーデン刺しゅうをしながら、私の根っこに、この研究生の時に描いた沢山のコンポジションがあるのを実感します。
どの色をどの順番で組み合わせるか。
スウェーデン刺しゅうのワークショップでは、必ず色選びから始まります。
お手本通りに作るのがお好きな方にも、ご一緒にお洋服に合わせて色を選んだりします。
そして実際に刺してみると、色はまた表情を変えます。

皆さんそれぞれの色を持っているので、自分とは違う色合いを見合うのもまた素敵な時間です。

色彩は楽しい!!
イッテンさん、ありがとうございます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%B3
「色彩の芸術」は大型本なので、病室にも持っていった本。
f0361510_135036.jpg

f0361510_13502385.jpg

f0361510_13504163.jpg

by Atelier18 | 2016-12-16 14:37 | Comments(0)

今日から大阪で、キルト&ステッチショーが始まりました。
http://www.tezukuritown.com/qss/osaka/
東京と同じように、久家道子先生のアンティークバッグコレクションが、ご覧いただけます。
今回は私は行けませんが、当日参加できる1日ワークショップなどもあり、とても楽しそうです。

12人の刺繍家の作品のコーナーでは、久家道子先生の作品の隣に
スウェーデン刺しゅうの図案帖のサンプラー、実物を飾って頂きます。
写真は9月の東京ビックサイト。
f0361510_14575693.jpg



関西方面の皆さま、是非圧巻のコレクションを目近にご覧ください。

f0361510_14563477.jpg

f0361510_14334210.jpg

by Atelier18 | 2016-12-15 15:16 | Comments(0)

f0361510_1611719.jpg


朝日カルチャーセンター 新宿でのスウェーデン刺繍講座 1月からの参加者募集中です。

初回1月9日はブローチ作りから始まります。
ブローチという小さな世界に、ステッチの質感と色で表情が生まれます。

私は毎日スウェーデン刺繍のブローチを楽しんでいます。
セーターに付けてもコートの襟につけても素敵で、いつも誰かにほめられます!

モノトーンのブローチは雪の結晶のよう。
2色使いのブローチは、2個一緒にに付けたりします。

とても軽い素材で仕上げているので、Tシャツにつけてもぶら下がりません。
沢山作ってプレゼントしても喜ばれます。

スウェーデン刺繍をしてみたいなーという方、
新しい年のスタートと共に、ぜひご参加下さい。

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/c3a70c2f-9f15-2e7b-6b57-5816e72dda70

by Atelier18 | 2016-12-06 16:22 | Comments(0)

はじまりのカフェ

f0361510_16372499.jpg


12月1日の午後は、日本橋三越本店 はじまりのカフェでのワークショップ。

マカロンの様に可愛くガラスのボールに飾って下さっていました。

f0361510_16373259.jpg


はじまりのカフェは、半分がカフェになっていて、半分が様々なワークショップをしています。
私は少し早めに行ってランチを頂きましたが、季節の野菜のキッシュ、里芋入で美味しかった!!


ワークショップはいつもの様に、色選びから・・・・。
はじまりのカフェでのワークショップは初めてでしたが、
初めての方もとても楽しんで下さいました。

なんと三越の男性社員の方が、男性にも出来るなら、とお休みを取ってご参加下さいました。
色選びがお上手で、ピンクが入っているのですが、男性らしい色選びだと感じました。
仕立てには少し苦労しましたが、
自分がこんなに集中するとは思わなかった!とおっしゃりながら、
素敵なポーチを完成させました。



2017年 1月31日には、午前中にブローチと、午後は巾着ポーチのワークショップ。
昨日からお申込みが始まりました。
巾着は 口部分が縫ってあるので、仕上げがとても簡単です。
http://mitsukoshi.mistore.jp/store/nihombashi/experience/hajimarinocafe/workshop/index.html
それぞれお好きな色を選んで刺して頂きますが、
サンプルは、2017年のラッキーカラーをイメージして作りました。
そんな風に自分で色を選んで持ち歩くと、それだけで幸せですね。
f0361510_16525411.jpg

f0361510_16532155.jpg

ボリュームがありますが、軽いので、セーターやTシャツにつけてもぶら下がりません。
当日は黒地と生成りを2個分用意します。

是非皆さまご参加下さい。
男性にも、本当にオススメです。 刺しゅう男子、集まれー!!
by Atelier18 | 2016-12-02 17:04 | Comments(0)

新月

f0361510_1544198.jpg


今夜は新月だそう。
今朝、フェイスブックでそれを知りました。
普段、月の満ち欠けに気を留めていない私ですが、気持ちがシャキッとしました。

間もなく師走になります。
前半は夢中で作品を作り、6月に本が出版され、これまでとは違う道を歩き始めた2016年でした。
少しずつ来年のカレンダーに予定を書き込みながら、来年はどうなるんだろうと考えていたからでしょうか。

今夜は9:20頃から8時間以内に、願い事を、具体的に「◯◯ができました。」というように過去形で書いて、最後に忘れず、感謝の気持ちを込めて、ありがとうございました。と書くとよいそうです。

スウェーデン刺繍を多くの皆さんと楽しめるよう、今夜は願いを書きたいと思います。



先日、横浜で開催中のグレース ケリー展を見てきました。
シャネルやディオールなど、デザイナーのドレスや帽子は、決して派手ではなく、
特にスーツのテキスタイルやボタンなど、素晴らしい仕事に うっとり眺めてきました。

サングラスが似合う、グレースケリー。
素敵なプチポアンのメガネケースも使っていたようです。
ニードルワークのバッグなども、手作りでしょうか・・・。

f0361510_14204779.jpg

12/1まで
http://www.gracekelly-exhibition.com/


夕方から息子連れで行ったので、
キラキラした横浜コスモワールドに引き込まれ、大観覧車から美しい横浜の夜景を眺めて来ました。
by Atelier18 | 2016-11-29 15:08 | Comments(0)

はじまりのカフェ

f0361510_16333571.jpg


以前にも書きましたが、12月1日 2時より 日本橋三越本店 7階 はじまりのカフェでマカロンポーチの
ワークショップをします。

まだ少しお席がございますので、楽しいクリスマスの準備のおひとつとして、是非ご参加下さい。
http://mitsukoshi.mistore.jp/store/nihombashi/experience/hajimarinocafe/workshop/index.html



話は変わりますが、
先日23日に、清澄白河にある、素敵なギャラリー Bahar のオーナーで、手芸のライターさんで、
毛糸のポンポンなど、ご自身も作家という多才な 春日一枝さんのご紹介で、
お人形作家でリングワークの作品も作っていらっしゃる原 優子さんに初めてお会いしました。

私のスウェーデン刺繍の本が出る、きっかけとなったのが、原さんのご本「リングワークのかわいいもの」なのです。
雪降る前の晩で、寒い寒い夜でしたが、素敵なお二人とあったかい時間を過ごしました。
週末原さんも在廊とのことでしたので、ぜひ皆さん、行ってみて下さい。
f0361510_16453778.jpg


http://bahar.bz/blog/news/2016/11/24/4972/
by Atelier18 | 2016-11-25 16:57 | Comments(0)

週末は自由学園美術工芸展に行ってきました。

素晴らしい作品が広い会場中にあったし、ワークショップも楽しくて、
男子部の作った牛丼も美味しくて、4時間ではとても見きれませんでした。



初等部6年の織物  手に抱きたくなるような、うこっけい。
f0361510_13583526.jpg



初等部  コーヒー袋を使った 動物たち。
f0361510_13583938.jpg



女子部  新聞紙で作った 野菜と果物。アボカドは30cm位のボリューム。芯から新聞紙だそう。
f0361510_13583167.jpg



男子部  紅葉に映える、木のモビール。 題材はもちろん「PPAP」 良く出来てる。
f0361510_13582792.jpg



そして6月から、長い夏休みもあったので、ちょうど半年、週1回3時間の授業で作った フェルトポンチョ。
会場でも見ていただいた、動画。

https://m.youtube.com/watch?ebc=ANyPxKosF-bhiBTZQctbm1813KjF_y0I7PVsMmPTMoKRrcMOU2mUQL86vI6qKabQoPcUvTq6Wb6V&v=Z9ONh-DAMEs


自由学園の美術教育は、創立者のお考えで、お手本を習うのではない自由画教育の先駆けで、山本鼎氏の指導で始まりました。
その後はバウハウス・色彩論のヨハネス・イッテンの元で学んだ卒業生により、色彩や生活工芸の勉強も始まりました。
そんな流れを現在にもつなげ、とても魅力ある授業が行われています。

自由画教育
https://kotobank.jp/word/%E8%87%AA%E7%94%B1%E7%94%BB%E6%95%99%E8%82%B2-1335379

どの作品も素材が魅力的で、スケールが大きく、子供にかえってもう一度授業をうけたくなりました。

オリンピックイヤーに開催される 美術工芸展。
今年も 本当に素晴らしい展覧会でした。
つぎは2020年!!
  
by Atelier18 | 2016-11-21 14:33 | Comments(0)

昨日は母校 自由学園美術工芸展の展示に行ってきました。

7月に真夏の染織の様子を書きましたが、7人の生徒と製作をすすめ、
フェルトのポンチョを作ってきました。
シルク生地に、フェルトパンチャーで染色した原毛を付けていき、
成形して、最後に縮絨して仕上げます。

染色した原毛をカーディング。
f0361510_11272554.jpg


熱々のお湯と洗剤で 最後の縮絨。 
f0361510_11274944.jpg


カラフルなミックスの人、袖が片方だけ長袖の人、伊達政宗の羽織をイメージした人・・・
それぞれがこだわって、面白い作品が出来上がりました。

ふんわり軽くて温かいポンチョ。
個性的な作品ですが、作った本人が着ると、とても似合って素敵です。

f0361510_11265658.jpg


f0361510_1127479.jpg



展示でボディーが着ている作品は、前後の身頃下半分に大きく半円のデサイン。
作っている本人も、トトロみたいと笑っていたのですが、
出来上がって着てみたら、
脚長効果バツグン。

学部の作品会場に飾ってあります。
当日は本人着用の動画も流す予定!

11月 19・20日。
公園のように広い校内は、今紅葉が美しく、
F.Lライトの弟子、遠藤新設計の、素敵な校舎が並ぶ素敵な空間です。

http://www.art-of-jiyu.com/

入場の印の缶バッチも、とっても可愛いので、私は何度も入りたい位です。
是非お誘い合わせ、遊びにいらして下さい。
by Atelier18 | 2016-11-16 11:49 | Comments(0)

マリーアントワネット展

現在六本木ヒルズ 52階 森アーツギャラリーでひらかれている、
「マリーアントワネット展」。

会場のミュージアムショップではプチポアンを販売しています。

プチポアンはその華やかな時代、ヨーロッパの王室で愛された刺繍で、
マリアテレジア、マリーアントワネット自身も、刺繍していたと言われています。

この展覧会に合わせて、私の企画で手袋を制作しました。

日本の手袋の産地、香川県で編まれた、アンゴラ入りのロング手袋に
バラの刺繍を、紋章によく使われるフルール・ド・リスをイメージした刺繍で付けました。

ブルー
f0361510_14414764.jpg


刺繍は2種類あります。
ローズ
f0361510_14415593.jpg


グレー
f0361510_14413383.jpg


黒も人気です。

是非会場でご覧ください。

http://www.ntv.co.jp/marie/
by Atelier18 | 2016-11-14 14:59 | Comments(0)

クリスマスキット

9日より代官山蔦屋書店で展開していただいている、クリスマスキット。
Blogに載せたところお問合せが多かったので、詳しくご紹介します。

刺繍好きの方へキットのプレゼント、
または刺繍してプレゼント・・・・。
マカロンや小さなきんちゃくは、オーナメントにしても素敵です。


マカロンポーチ 1,600円 税別
写真の赤いファスナーの方のキットです。ファスナーも手でチクチク縫って仕上げます。
赤とグリーン系の刺しゅう糸がいろいろ入っているので色順を変えるとイメージが変わります。
f0361510_1202555.jpg

こちらは12/1に、三越日本橋本店7階 はじまりのカフェでワークショップしますので、
ぜひ皆さま、ご参加下さい!
お申込みお待ちしています。
ワークショップではファスナーや刺しゅう糸の色が増えます!!
http://mitsukoshi.mistore.jp/store/nihombashi/experience/hajimarinocafe/workshop/index.html


きんちゃくポーチ 小 W9×H10 底マチ2cm  1,800円 税別
口部分にグリーンの生地を使い、ひも通しが縫ってあるので
刺繍をして、まっすぐ脇を縫って、紐を通せば出来上がり。
刺繍はシンプルな3段あがりの繰り返し。
バッグの中にお薬やアメを入れておくのにぴったりなサイズ。
f0361510_11584733.jpg


きんちゃくポーチ 大 W19×H20cm 2,800円 税別
口部分のひも通しが縫ってあるので、刺繍をして、まっすぐ脇を縫って、紐を通せば出来上がり。
スウェーデン刺繍らしいステッチ。3段あがりと8の字の繰り返し。
f0361510_1159090.jpg


赤いベースの写真なので、クリスマスカラー!という感じですが、
1年中使っていただける色合いだと思います。
今のところ蔦屋さんのみで販売中ですので、やってみたい方、是非代官山へ・・・。
カフェもある、3号館です。

また取扱店が増えましたらBlogなどでご報告します。
by Atelier18 | 2016-11-11 16:20 | Comments(0)