f0361510_12283241.jpg



先日サロンでの講座の時に、これまで何回かの作品、昨日ミシンを一気にかけて仕上げました!と
ポーチや扇子入れ、そしてこの手提げを持ってきて見せて下さいました。

いつも素敵な色合わせで作品を作られる方で、形や縫い方も工夫していて、
皆さんでじっくり拝見しました。

実は、写真の手提げは、昨年クリスマスの頃の講座だったので、サンプルは赤とグリーンの
刺しゅうだったのですが、(スウェーデン刺しゅうの図案帖 サンプラー20P・4の刺し方)
刺しゅうの配置も工夫して、皆さんお好きな色で作りました。
色が違うとこんなにイメージが違うんだー、と私もびっくりしました。
 
f0361510_12284370.jpg


誰にでも自分にぴったりのオリジナルが作れるのが、このスウェーデン刺繍の楽しさです。


10月からはじまる朝日カルチャー新宿の講座でも、
ご自分の、お好きな色で作ります。
http://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/13dd89fa-be81-bf82-af66-5799adba68ef" target="_blank">
最後には皆さんが図柄も作れるようになるといいなと思っています。
やってみたいなーという方、ご参加お待ちしています!!
[PR]
by Atelier18 | 2016-09-30 13:54 | Comments(0)

f0361510_1228125.jpg

キルト&ステッチショーでは企画展として久家道子先生のアンティークコレクションの
展示がありました。
今回はメタルやプチポアンなど、素晴らしいアンティークが目の高さでご覧いただけました。
12月の大阪展でもご覧いただけますので、関西方面の方は是非是非ご覧ください。


f0361510_12294432.jpg

そして、12人の刺しゅう作家のコーナーで、久家道子先生のプチポアン作品の隣に
私のスウェーデン刺繍のサンプラーも展示して頂きました。
12名の著名な先生方の作品の中に展示して頂き、見た時には涙が出ました。
多くのお客様が、これ昔やったわねーと、嬉しそうに御覧になっていまいた。
先生と記念撮影。

こちらはワークショップ会場のパネル展示。
ハンチングやバッグをご覧いただきました。
ハンチングは、これも刺しゅうですか??と皆さん驚かれるので、
今ワークショップでやった、上がったり下がったりや、ねじるだけのステッチなんですよと
手にとってご覧いただきました。

f0361510_12283019.jpg

[PR]
by Atelier18 | 2016-09-23 12:43 | Comments(0)



9月15日から3日間 東京ビックサイトで開かれた キルト&ステッチショー。
3日間とも大勢のお客様で賑わいました。

私は久家道子先生のプチポアンの重厚な作品のとなりに、
スウェーデン刺繍の図案帖、サンプラーを15点 展示して頂きました。
多くの方が、昔やったわねー、懐かしいわねーと顔を近づけて見ていらっしゃいました。
初めて本掲載作品を発表できて、とても幸せでした。
その写真はまた次回。

16日にはくるみボタンのワークショップに、多くの皆さんにご参加頂きました。
ご参加頂いた皆さま、ありがとうございました。

スウェーデン刺繍の醍醐味?。
まずは色選びから・・・・。
皆さん30分くらいでブローチが完成するのですが、色選びが一番時間かかったわーと
楽しんでいらっしゃいました。
f0361510_1332713.jpg


初めてのかたも、皆さんきれいに出来上がりました。
f0361510_13322737.jpg


参加者の方々の作品・・・・
皆さまその日のお洋服にピッタリの色を選ばれるから不思議です。
f0361510_13324622.jpg



f0361510_1333371.jpg

早速帯留めに・・・。

f0361510_13411091.jpg

染織家の方。色合わせが美しい。

f0361510_1334242.jpg

赤と青が効いています。
中心をずらしたのも面白い!
[PR]
by Atelier18 | 2016-09-21 13:58 | Comments(0)

f0361510_1102024.jpg


本日からビックサイトでキルト&ステッチショーが始まりました。

私も本日、久家道子先生と共に会場に参ります。
先生の素晴らしいアンティーク・コレクションや作品がどのように展示されているのか
とても楽しみです。
そこに、本に掲載の私のサンプラーを中心とした作品も展示して頂いています。
ぜひぜひ皆さんにスウェーデン刺しゅうの楽しさが伝わればと思います。

また明日は会場内HAPPY LIFE 広場で1日くるみボタンのワークショップをしています。
会場で作るのは写真の図案。
他に3種の図案も載っている、わかりやすーいプリント付きです。

皆さま是非遊びにいらして下さい。

http://www.quilt-stitch.tokyo/exhibition.html



また会場には私の友人であり、大好きな刺繍作家
土橋 のり子さんのブースもあります。
「大人のモダン刺しゅう」 掲載の作品や、選りすぐりの素敵な生地やボタンなど、
私も見るのが楽しみです。
https://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A7%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%83%A2%E3%83%80%E3%83%B3%E5%88%BA%E7%B9%8D-%E3%83%86%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%92%E6%8F%8F%E3%81%8F%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB%E5%88%BA%E3%81%99-%E5%88%BA%E7%B9%8D%E5%B0%8F%E7%89%A9-%E5%9C%9F%E6%A9%8B%E3%81%AE%E3%82%8A%E5%AD%90/dp/4766128842
[PR]
by Atelier18 | 2016-09-15 11:19 | Comments(0)

朝日カルチャー新宿

f0361510_14412868.jpg


9月12日、朝日カルチャー新宿での1日講座でした。
遠くは長野県から、教室いっぱいのご参加でした。

初めに色選びで気持ちのスイッチが入ります!
全員違う色合いです。


久家道子先生自ら、初めの糸の束ね方をお手伝い・・・。
f0361510_10375592.jpg


キルト&ステッチショーで発表するつもりだった新作ハンチングも
我慢できずお見せしてしまいました。
f0361510_1038175.jpg


半分の方がスウェーデン刺繍は初めてということでしたが、
皆さま楽しんであっという間の2時間でした。



いよいよ明日からビックサイトではじまる
「キルト&ステッチショー」
16日には1日会場内HAPPY LIFE広場でくるみボタンのワークショップを
していますので、是非遊びにいらして下さい。
[PR]
by Atelier18 | 2016-09-14 14:50 | Comments(0)

f0361510_1022928.jpg


朝日カルチャーセンター新宿での1日講習が12日にあります。
www.asahiculture.jp/shinjuku/course/c227c773-aa21-feaf-c6ac-57317865a839
そろそろ締切かと思いますが、まだ若干ご参加頂けます。
その日は写真のポーチを作ります。

刺繍糸を沢山持っていきますので、そこから選んでおひとりおひとりご自分だけの作品になります。
色選びも楽しい時間・・・。


初めての方には難しそうに見えますが、ステッチは簡単。
ステッチ 1  3目すくって上がったりさがったり・・・
f0361510_10205257.jpg

ステッチ 2  同様に交差・・・
f0361510_10205892.jpg

ステッチ 3 と 4
f0361510_1021945.jpg


これに あと2色で3ステッチ重ねると、初めの写真のようなステッチになります。
1列1列重ねていくと、素敵な刺しゅうになります。

このステッチで帯を作られた方もいらっしゃいます。

その日は考案者 久家道子先生もご一緒ですので
お話もお楽しみ下さい。
[PR]
by Atelier18 | 2016-09-08 10:57 | Comments(0)

週末、ニングルさんから ハンチングが届きました。

封を開ける時の、気持ちはなんと言葉で表現したいいか、わかりません。
待ち遠しく、少しこわいような・・・
この感じは本が届く日のあの気持に似ています。

ニングルさんが、かぶった様子はどうでしょう??・・・ということで、
今回も文明の利器で送信。

今回初めて生成りで作ってみて、帽子としては白っぽすぎるかしらと思っていましたが、
ニングルさんが合わせて下さったつばの裏側の生地が、濃い方の刺しゅう糸とぴったり
合っていて、キリッとします。

本に掲載したポケットを胸に付けたチュニック(この夏大活躍でした)と合わせてパチリ。

f0361510_10594977.jpg


黒地の方は、顔の周りを茶系、ラインをターコイスのリネンにしたので色が重すぎず、
少し個性的ですが、写真を見て想像していたより服に合わせやすかったです。

f0361510_110734.jpg


写真を撮ったのは、我が家の和室のふすまの前。
以前に、インテリア雑誌を見て、どうしてもどこか家の壁をこの色にしたくなり、
考えに考えて、ふすまを裏返して、塗ってしまったのです。

写真を見たら 帽子のラインと同じ色。
私の大好きな色なのでした。
[PR]
by Atelier18 | 2016-09-05 11:55 | Comments(0)

f0361510_1230739.jpg

スウェーデン刺しゅうのハンチングが完成したNEWSを、ニングルさんのフェイスブックで知る。
昨日に続き、文明の利器が大活躍。



「スウェーデン刺しゅうの図案帖」のポケットと同じ刺しゅうのハンチング。
5番糸同系2色で、2段上がり凸凹の単純なステッチなのに、見る方向で見え方が変わる、
とても魅力あるステッチだ。

色々な角度から写真を撮ってくださるので、手に取るようによくわかる。

刺しゅう作品は、バッグやポーチなど、直線で作ることが多いけれど、
この帽子のように曲線で立体になると、平面である刺しゅうに、命が吹き込まれるように感じる。
見る方向によって、質感や色のイメージが変化するのも楽しい。


今回黒地は1作目と同じ、ねじりのステッチで、少しだけ色を変えて、
刺しゅうに合わせてラインはキリリとターコイスに。

ニングルさんと悩みに悩んでサイドからつばを茶系にしました。
これからの季節、茶系にも、黒にも合うのでは・・・と思っています。
https://www.facebook.com/boushiya.ninguru/posts/998998813456727

f0361510_12301285.jpg

f0361510_12301963.jpg

私はこの 後ろの切り替え部分が大好きです。
ニングルさんは刺しゅうをキッチリ合わせて縫ってくださる。

私1人では出来ない作品が完成しました。

届くのが待ちきれない!!
[PR]
by Atelier18 | 2016-09-02 14:09 | Comments(0)

f0361510_1111538.jpg


ハンチング2点、刺しゅうが届いたと同時に、ニングルさんから作り始めたと連絡がきました。

生成りはあっという間に素敵な写真が送られてきて、
その仕事の速さにびっくりした。


黒地はつばの色で悩んで、携帯で何回もやり取り、
私は一作目をかぶって鏡の前に立ち、写真を眺めて返事をする。

4バージョンもつばを作って写真を撮って下さり、茶系に決定。
吟味 吟味 吟味。
その仕事のこだわりにまた惚れ直してしまいます。

なぜかいつも、私が出かけようとすると写メが送られてくるので、
玄関先で、その写真を見て、
ゾワッと体が熱くなり、涙ぐんでしまうのです。

https://www.facebook.com/boushiya.ninguru/?hc_ref=PAGES_TIMELINE
携帯のおかげで、こんなことが出来るのだ。
文明の力、サマサマです。
[PR]
by Atelier18 | 2016-09-01 11:23 | Comments(0)