11月2日~9日まで、新宿京王プラザホテル 本館3階アートロビーで、
久家道子プチポアン刺繍協会作品展が開催されます。

昨年1月に続き、今年も素晴らしい作品が100点以上並びます。
「Petit Point」というのは小さい点という名の通り、
1日に数時間刺しても1cm角が刺せるほどの細かい刺繍、
大作の額やフォーマルバッグなどは、1年かけて作った作品です。
生徒さんが刺したとは思えない作品の数々に圧倒されます。

プチポアン刺繍は、かつてヨーロッパの王室で大流行したもので、
マリアテレジアや、マリーアントワネット自身も刺したと言われています。

会期中はプチポアンの実演も行いますので、その技をご覧いただけます。



f0361510_14464314.jpg


また久家道子先生のアンティークコレクションも展示致します。
今年はメタルメッシュというバッグです。
f0361510_14463621.jpg


是非皆さまお誘い合わせ、会場にお越し下さい。

(私は只今スウェーデン刺繍に専念しておりますので、残念ながら出しておりません・・・・)


六本木・森アーツセンターギャラリーでは、「マリーアントワネット展」が始まりましたが、
ショップではプチポアンを販売しています。
今回のために刺したマリーアントワネットの肖像や、
私が企画にも携わった、素敵な手袋もあります。
寒くなりましたので、ぜひそちらもご覧ください。
[PR]
by Atelier18 | 2016-10-28 15:17 | Comments(0)

色選びを楽しむ時間

久しぶりのBlogです。
只今、締切のある作品作りに追われております。

夏には汗をかきつつクリスマスの物を、10月にはそろそろ来年に向けての作品作り。

自由に色を選んで作れるスウェーデン刺繍。
何かテーマがあると色選びがしやすいので、
来年2017年ののラッキーカラーで刺してみました。
検索してみると、エメラルドブルーや、ピンクなどがラッキーカラーのようです。
エメラルドブルーってどんな色??
刺しゅう糸なら何番??
色選びは本当に楽しい時間です。


私は普段あまりそういう事にこだわる生活はしていませんが、
今年の私の「仕事」のラッキーカラーが紺だと知ったので、名刺入れを紺の刺しゅう糸で作りました。
信じるか信じないかはあなた次第!ですが、
自分自身でラッキーカラーを意識した物を1つ持っていると、
それを見るたびに気持ちが前向きになるのを、実感しています。

エメラルドブルー
f0361510_11241076.jpg

2017年1月、三越本店 本館7階はじまりのカフェでそんなアイテム作りをしてみませんか??
午前中はブローチ作り、午後は巾着作りです。
詳細はまたこちらでご紹介します。

なんとなんと、
はじまりのカフェでは、12月1日にもスウェーデン刺繍で作る、マカロンポーチのワークショップ♪♪
こちらはクリスマスカラーのかわいいポーチです。
こちらはまもなくHPにもアップされるので、どしどしお申込み下さい。
http://mitsukoshi.mistore.jp/store/nihombashi/experience/hajimarinocafe/workshop/index.html

f0361510_11502829.jpg



寒くなりました。
こんな日は、生姜たっぷり入れたミルクティー飲んで、チクチクに励みます。
[PR]
by Atelier18 | 2016-10-25 12:07 | Comments(0)

自由学園美術工芸展

f0361510_12415524.jpg

私の母校であり、20年以上染織などの指導をしている「自由学園」。
11月、4年に一度の「美術工芸展」が開かれます。

校舎は、フランク・ロイド・ライトの弟子である遠藤新による設計で、
目白にある旧校舎である重要文化財「自由学園明日館」の流れをくんだ素晴らしい建物です。

幼児生活団(幼稚園)から、大学までの作品が、自然豊かな校内に展示されます。


写真は前回の展示。
f0361510_12304757.jpg

f0361510_12325195.jpg


明日も学園でフェルトの作品作りの指導です。
夏の暑い中、羊の毛と格闘してきましたが、やっとフェルティングにピッタリの季節になりました。


手作りのお菓子や、公園のような庭と、広い広い芝生。
子供たちも楽しめるワークショップや講演会など楽しい企画も盛り沢山です。
私の息子も4年前、4歳の時にに作ったキーホルダーや藍染ハンカチを、今も大事にしています。


是非是非、皆さんいらして下さい。
http://www.jiyu.ac.jp/event/2016art/

[PR]
by Atelier18 | 2016-10-14 12:56 | Comments(0)

生徒さん作品

サロンの参加者さんから、お世話になっている看護婦さんにプレゼントしようと
ポーチを沢山作ったから先生にお見せしたいとお電話頂きました。



こんなキラキラしたポーチを沢山持って来て、見せて下さいました。

f0361510_1330822.jpg

この図案は本掲載のサンプラーにあるのですが、図に書くと複雑なので、編集者と共に苦心した図案でした。
本を見て、刺せたんだーと、正直ホッとしました。
グラデーションの糸を使ったのが効果的です。




f0361510_13301434.jpg

こちらは最近のワークショップで巾着に仕立てた図案。
大小のつぶつぶ(名称がわかりません・・・)を付けると、こんなにイメージが変わるのかと驚きました。
その配置でも変わるんだろうと思います。
つぶつぶ、刺繍や他の素材でも面白い。



これが一番驚きの作品。
f0361510_13302136.jpg

上がったり下がったりの自由なラインに、キラキラを沢山貼り付けてあります。
音楽が聞こえてきそう。
スウェーデン刺繍は、自由だ!! まさにそんな感じ。


ワークショップで覚えた図案で帯やバッグを次々作られる方なのです。

固くなっていた頭に、柔らかくパンチを頂きました。
パンチは気持ちいい!
[PR]
by Atelier18 | 2016-10-07 14:10 | Comments(0)

f0361510_10495892.jpg


先日、デザイナーの友人より、こんなカッコイイチョコ発見!と
写真が送られて来ました。
明治チョコレートの新しいシリーズらしい。


友人が発見した西友では、ケース一面にこれを並べるという、これまた斬新なディスプレイ。
明治も、スーパーマーケットもやるなあとうれしくなってしまいました。


素敵なパッケージを見たら、どうしても刺しゅうをしたくなり、
この週末、こんなバネ口ポーチを作ってみました。


「縁取り」のあるデザインを試したくなったのです。

スウェーデン刺しゅうは、左右対称の図案が多いのですが、
アンバランスにしたくて、少しアレンジしてみました。

初めに刺した、赤。
f0361510_1051420.jpg


マスタード色で、ライン位置を替えてみました。
f0361510_10505243.jpg


縁取り、面白い。



どうしても本物のチョコが見てみたくなり、
夫に買ってきてもらいました。

購買意欲をそそる、「デサインの力」に、やられました。
[PR]
by Atelier18 | 2016-10-03 11:29 | Comments(0)