教材としてスウェーデン刺繍の図案を作っていらっしゃる「まのあ教育教材」の宮木さん。
以前からお電話やメールでやりとりをしていいて、ずっと会いたい!と思っていましたが
やっと実現しました。


 「まのあ教育教材」HPより
 特別支援学校や特別支援学級、個別指導を要する
 子どもたちに最適な反復学習の教材です。

 また、特別支援に関わらず、通常学級、
 夜間学校や海外の日本人学校などにおいても
 活用できる教材開発を進めています。
 子どもたちにとってわかりやすく、また指導者にとって
 使いやすいという視点から、国語・算数を中心に
 他教科の教材も開発中です。

宮木さんはご自身も家庭科の先生で、授業で使いやすい教材を作りたいと、様々な教材を開発。
その中にスウェーデン刺繍の図案があります。

特別支援学級の子供たちは1年かけて作品を作っていくそうです。
表に図案、裏に実際に刺した刺しゅうや、詳しい刺し方などが1枚のシートになっています。
じっくり時間をかけて刺していくのに、コピーした図案や本ではなく、
こうしたシートになっているのは、刺す人の視点で作られていて素晴らしいです。
http://www.manoa-kyouzai.com/%e5%ae%b6%e5%ba%ad%e7%a7%91/%e3%82%b9%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%b3%e5%88%ba%e3%81%97%e3%82%85%e3%81%86/
子供たちに興味を持って楽しくさしてもらえることを大切に考えて、
花・ハート・宝石・そして電車・・・などなど
刺しながらストーリーを考えたくなるような楽しい図案。


実際に刺した刺しゅうも沢山見せて下さいました。
f0361510_1022496.jpg


女の子はお花が大好き
f0361510_1022048.jpg


子供たちは線路が大好き
f0361510_10223582.jpg



5番糸 1本取りで刺しているので、自由に糸で描くように刺しています。
うさぎやイヌや、ドラゴンまで! 
「むりやりなんですよ~!」と笑顔。

作品が仕上がるように仕掛け品の手提げなども考案。
仕立てがとてもきれいだったのですが、縫製が得意な福祉作業所を探されて縫っているそうです。
子供たちの未来まで思う、素晴らしいお仕事です。

宮木さんとアイデアを交換しつつ、スウェーデン刺繍の世界を広げていきたいと思います。
私も自由に刺そう!!とスイッチ入りました。
[PR]
by Atelier18 | 2017-01-30 11:09 | Comments(0)

昨日は東京ドームにキルトフェスティバルを見に行ってきました。

知人から、女優の市原悦子さんがご自分の作品としてスウェーデン刺繍のバッグを出品していると
聞いて、これは見に行かないと!と、朝イチで行ってきました。

市原悦子さんの作品は、スウェーデン刺繍らしく、織物のような総柄で、バンブーの持ち手と色がとても素敵でした。京都の撮影所に通う日々に妹さんに習って作った思い出の作品のようです。
きっと師匠の久家道子先生の本を見ながら作ったのだろうなと、うれしくなってしまいました。
市原悦子さんにお似合いのバッグですね。

スウェーデン刺繍は、1段1段刺していくので、そのように何日かかけて楽しめる刺しゅうなんです。
私も旅行に持っていき、その場所場所の思い出とともに刺すのが楽しいので、
市原さんのその日々に想いを馳せつつ拝見しました。

f0361510_11443395.jpg


関心を持って見ていらっしゃる方々が、スウェーデン刺繍ってなに?
クロスステッチでしょ?と話されていたので、ついつい丁寧にご説明してしまいました。

市原悦子さんに、感謝を込めて、本を贈りたいなーと思っています。

キルトフェスティバルは東京ドームで 25日までです。
[PR]
by Atelier18 | 2017-01-23 11:58 | Comments(0)

婦人之友2月号


今年は子供の冬休みが長くて、久しぶりのBlogになってしまいました。
冬休み中には、昨年作った図案をアレンジして、黒地に刺していました。
黒地は生成りに比べて織り目が見え難いのですが、この生地はテンションがゆるいので、
刺しやすいので全面刺しも楽しめます。

f0361510_1532072.jpg


昨年11月の、母校「自由学園」での美術工芸展のことが、
婦人之友2月号に特集されています。
f0361510_1531100.jpg


私が指導したフェルトのポンチョも写真入りで載せて頂きました。
シルク生地に原毛を付けてフェルティングして成形したポンチョ。ページ左上。
とても楽しい作業で、素敵な作品が作れるので、自分のポンチョも作って見たいと思っています。

f0361510_153926.jpg


記事には、子供たちのための美術教育について書かれていますが、
私も今年は是非子供たち向けにワークショップを企画したいと思っています。
同じ図案でも、ワークショップではお好きな色で作っていただくので、1つとして同じものはありません。
素敵な作品を皆さんと作って、日本中に広めていきたいと思います。

1月31日、三越日本橋本店 7階 はじまりのカフェでのワークショップも
まだお申込み出来ますので、是非ご参加お待ちしています。
サンプルは今年のラッキーカラーと言われているブルー系とピンク系で作ってみました。
午前ブローチ・午後は巾着ポーチ。共にほとんど縫わなくても出来るものですので、お気軽にご参加頂けます。
詳しくは12/2の記事をご覧ください。
http://mitsukoshi.mistore.jp/store/nihombashi/experience/hajimarinocafe/workshop/index.html

2017年は春にはスウェーデン刺繍のキット販売や、自由学園リビングアカデミーでの講座など、また新しい世界が広がりそうです。

今年もよろしくお願いします。
[PR]
by Atelier18 | 2017-01-12 15:40 | Comments(1)