11月24日(金)10:30~12:30
神楽坂 北欧てしごと教室でのワークショップ。

いつも素敵に写真を撮って下さいます!!

クリスマスシーズンに すぐに使えるといいな♪・・と思ったので、
今回はポーチ型に縫ったものに、刺しゅうします。
仕上げにミシン、出さなくて良いんです!!

立てられるので、小さいクリスマスのオーナメントと一緒に飾ってもいいし、
プレゼントにもいかがでしょうか・・・
置いても可愛いように、ファスナー見えないように付けました!

今回はツリーのイメージの図案。
刺しゅう糸は皆さんにお選び頂きます。
赤でも色々な赤があるので 選ぶ色によって 世界に1つの作品になります。


f0361510_15554180.jpg
この刺し方は色や配置、大きさもいろいろアレンジできるステッチです。
クリスマスまでに、大きなツリーを作ってみても楽しいですね。


北欧てしごと教室は、刺しゅうの他、編み物やペーパーワークなど、素敵なクラスが沢山あります。どれも人気で、すぐ一杯になってしまいます!
私も今年、初めてヘデボのワークショップに参加して、ドキドキしながら楽しみましたが、
今度は一度 ペーパーワークに参加したいなーと 思っています。




神楽坂は 散策もランチも楽しい街です。

以前にワークショップ参加の方々と ランチをご一緒したことがあるのですが、
北欧てしごと教室のすぐ側 フレンチの La Matiere ラ マティエール。
美味しくて ボリュームたっぷりで オススメです。
ワークショップ後 お腹を空かせて行かれてみては・・・。要予約です!

La Kagu とかこだわりの雑貨屋さんとかお菓子屋さんとか 美味しいクリームパンの店とか。
お帰りに・・・秋の神楽坂散策 オススメです。
クリームパンは 帰りだと、無いかも・・・(笑)







[PR]
by Atelier18 | 2017-10-31 14:41 | ハンドメイド | Comments(0)

先日、雨の週末、フィンランドのテキスタイルデザイナー、ヨハンナ・グリクセンさんが、大好きな case galleryに来る!というので、会いに行ってきました。

キリッとしたヨハンナグリクセンのテキスタイルが、
雨に曇ったガラスで、際立って見える!

窓が雲っていたのは、中にいる人の熱気のせいだったかも!

f0361510_09311266.jpg

新作の○デザインのバッグ、とっても素敵ー!

f0361510_09300557.jpg


f0361510_09314176.jpg

私は刺繍を始める前、ずっと染織をやってきたので、
今から10年位前、北欧に旅したときに、ヘルシンキのヨハンナグリクセンのお店を訪ね、反物が並ぶその空間に興奮しました。

旅の途中で、生地では買えなかったので、
オレンジのテープが印象的なバッグを購入。
10年大事に使ってきました。

f0361510_09315519.jpg

f0361510_09321506.jpg

今回の展示はこの生地のシリーズNormandyの20周年記念ということでしたが、、丁度10年前の私のバッグの写真を、記念だからとヨハンナが撮っていました!(笑)

スタンプラリーの楽しみもありつつ、3ヶ所でやっている展示会。今日は新宿の「暮らしのかたち」に行って来ました。
週末、渋谷では、ヨハンナの織物教室があったり、
またcasegalleryにも来るそう。

北欧テキスタイルファンとしては、大スターに会ったような気持ち。思い出がもうひとつ増えて・・・バッグ益々大事に使います!

[PR]
by Atelier18 | 2017-10-31 09:28 | テキスタイル | Comments(0)

9月にこちらでご紹介した、カインズホーム限定デザインの 花王リセッシュ。

パッケージデザイナーの友人からの依頼で私がチクチクと刺繍したものが 容器になっています。
詰め替え用も、アイキャッチのためのシールも刺繍とオレンジ色が効いてて、可愛いです。

HPでは見ていましたが、いよいよ発売になったので、ディスプレイされた様子が見たくて、店舗に行ってみました。
カインズホームは 郊外にあるホームセンターなので、雨の中車を走らせ昭島店へ・・・・。

f0361510_14335861.jpg
ありました!!

キャンペーンのディズニーランドと Halloweenのイメージとも合わせて、オレンジのコーナー!!

上段に並んでいました、花王リセッシュ。
f0361510_14343516.jpg

バスマジックリン トイレマジックリンなども オレンジ。
タイルのようなイメージでしょうか・・・。


f0361510_14345448.jpg



f0361510_14351620.jpg



私が刺した刺繍が、こうやって日本中のご家庭の、ひとつの色になっているのだなと思うと、とても不思議で 嬉しい気持ちです。

嬉しくてシュパシュパしています。

近くにカインズホームがない!という方は 通販でも買えます。
店舗よりお安いようで、驚きです。
私もまとめ買いをしようかな・・・。




[PR]
by Atelier18 | 2017-10-30 16:31 | 刺繍 | Comments(0)

10月20日は 自由学園リビングアカデミーの5回目のワークショップ。

今回はモノトーンの市松のスウェーデンクロス。白い部分に糸を通します。
こちらも久家道子先生のオリジナルの生地で、毛糸などでもザクザク刺せる布目が大きいクロスです。
男性やお子さんでも簡単に刺せるようにとの思いから、織られた厚地の布です。

今回は手提げに仕立ててあるものに刺しました。
いつも刺繍してから、仕立てるのが大変なので、皆さん大喜び。

下の写真のグレーと紫から青の糸で刺したのが私のサンプル。

いつものように それぞれがお好きな配色を選んで刺していきます。

f0361510_23240163.jpg


皆さん悩まれつつも、「明るい色で刺したい!」「赤いタッセルをつけたい!」 とポイントを決めてその方らしい色選び。

10名が正に、「十人十色」

黒と白の市松と、それぞれが選んだ色がどう反応するか・・・。
強まったり 隠れたり・・・膨張して見えたり、締まって見えたり・・・。

同じ刺し方で刺しているのに、見えてくる形が違って見えるから不思議です。

自分では選ぶことのない配色で、素敵な作品が出来上がっていくのを見ていると、
私もその色で刺してみたくなります。

f0361510_23222392.jpg


f0361510_23250703.jpg


f0361510_23253250.jpg


f0361510_23274242.jpg



f0361510_23283062.jpg


f0361510_23291650.jpg



f0361510_23360322.jpg



f0361510_23303488.jpg



f0361510_23313015.jpg


f0361510_23315632.jpg


こちらは10時からお昼を挟んで15時までと時間が長いので、じっくり取り組めます。
1日でここまで刺せました!!
(お昼は学生たちと一緒に手作りの美味しいお食事を頂きます。)

お一人、写真を撮り忘れてしまった方は、モノトーンで、また違う表情になっています。
刺繍が完成して、来月タッセルを付けると また表情が変わると思います。
楽しみです。






[PR]
by Atelier18 | 2017-10-23 12:26 | ハンドメイド | Comments(0)


10月だというのに、冷たい雨が続き、冬のように寒くなりました。

私は今日は赤いセーターを引っ張り出して、着ています。
赤いセーターは スウェーデン刺繍のブローチの舞台にぴったり。
どれを付けても イイ感じになります。
赤の魅力は 何度も書いてますね・・・

f0361510_14303663.jpg



11月9日(木)11:00~13:00
日本橋三越本店 7階「はじまりのカフェ」でのワークショップがあります。

今回は「クリスマスツリーのポーチ」

下の写真は、フィンランドの木を組んでつくる天使と一緒に撮りましたが、
そのまま小さなオーナメントと飾ったり出来るように、ファスナーは見えないように付けました。

f0361510_11535195.jpg

これはダーニングステッチなど、3つのステッチを組み合わせた図案です。
キナリなので 布目もひろいやすく、
上がったり下がったりするところの、糸の引き加減だけ、ほんの少し気をつければ、
初めての方でも楽しんでお作り頂けます!!

そしてなんと!!今回は仕立ててある ポーチに刺すだけなんです。
ミシンを出さなくてもいいなんて!!

もう1つなんと!!私のブローチとポーチ 同じ刺し方なんですよ。

アレンジが楽しめるステッチですので、是非お楽しみに・・・・


プレゼントにもいかがでしょうか。
タッセルを付けても可愛いです。
11月から刺せば、クリスマスシーズンに間に合いますね。

お電話でも、HPからもお申込み頂けます。



スウェーデンクロス キナリ
ポーチ サイズH15×W19×底マチ5cm (裏地は付いていません)


[PR]
by Atelier18 | 2017-10-19 15:00 | ハンドメイド | Comments(0)

10月5日は 日本橋三越本店7階 はじまりのカフェでのワークショップ。
会場のイベントなどで夏の間はお休みしていたので、久しぶりでした。

通り道の催事場では「フランス展」が開催されており、
リボンのファミーユで素敵なリボンを使ったバッグや、SOPHIE DIGARDさんの素晴らしい編み物などを観て、
センスやアイデアに少し興奮しながらカフェに向かいました。


アイテムは黒地にDMC5番糸のecruで刺す六角形の巾着。

カフェでジャズの展示をしていて、そこから聞こえるジャズを聞きつつ という素敵な大人の刺しゅう時間。

f0361510_14344820.jpg

基本のダーニングステッチと 2目のクロスだけなので、
模様の位置だけ注意して、糸の引き具合を丁寧に刺していきました。

「スウェーデン刺しゅうの図案帖」を見て下さり、遠くからご参加の方もいて、
刺繍を通じていろいろな方にお会い出来るのは 本当に幸せだなと思いました。

f0361510_14352854.jpg


カメラから見たら、黒系のお洋服の方が多くて 皆さん夢中で下を向いて刺していて・・・
アイテムも黒いので黒っぽい写真に・・・・。

装いがすっかり秋冬物になったのだなと 実感します。 スウェーデン刺繍のブローチが楽しめる季節到来です。

f0361510_14355378.jpg

模様の中央段から刺し始め、2時間位だと、上の六角形が皆さん完成するかな・・・と
思っていましたが、お互いにコツなどを教えあって下さり、(間違いに隣の人が気づいたり・・・)
早い方は 刺しゅうが全部終わりました!!


f0361510_14350674.jpg

カフェは通路に面しているので、通りかかった方も感心をもって見てくださるのですが、
刺繍している皆さんが「初めてでもきれいに出来ますよ!」「簡単なんですよ!!」と
刺し途中の作品や お自分で作ったブローチなど見せつつ誘ってくださるので、
来月のご案内がも出来ました。

次回は11月9日。
クリスマスをイメージしたポーチです。




[PR]
by Atelier18 | 2017-10-06 14:34 | ハンドメイド | Comments(0)

10/3~5 本日まで、「キルト&ステッチショー」開催中です。

今年は池袋サンシャインシティホールAB。
初日に行って来ましたが、入り口は長蛇の列!
入る前から、キルトと刺繍のパワーを感じます。

昨年は師匠の展示に合わせて、スウェーデン刺繍のサンプラーを展示して、ブローチ作りのワークショップをさせて頂きましたが、
今年私は、「がま口コレクション100」に参加しました。

口金を求めたお店で、この大きい玉の口金と、丸いマチが気に入って、これで作ってみることにしました。
私は刺繍するときもそうですが、色や形がどう組合わさるか・・・
そういう事を考えて作るのが大好きです。
デザインの勉強のスタートで、バウハウスや、ヨハネス イッテンの本を毎日見ていたからだなーと、作りながら実感します。

f0361510_12513814.jpg
100個の中に、スウェーデン刺繍の方はあまり居ないと思ったので、スウェーデン刺繍らしさを表現したいと思って作りました。


f0361510_12542113.jpg

こちらはプチポアンのがま口。山下幸子先生の作品です。
フォーマルバッグの域ですね。
1cm角に、140目の細かさ。これだけの図柄ですから、何ヵ月もかかっています。黒の地刺しもなかなかこんなにきれいには刺せません!口金も素晴らしい。


がま口コレクションは2ヶ所に展示されています。
こちらはパネル展示。

f0361510_12544954.jpg

f0361510_12553016.jpg

f0361510_12560431.jpg

こちらは、上はまるで織物のような刺繍。
下はスウェーデン刺繍と他の図からを組み合わせていますね!
f0361510_09203990.jpg


こちらではがま口のご紹介だけですが、キルト&ステッチショーなので、キルトの大作と様々な技法の刺繍が並びます!
ワークショップや講演もあり、1日あっという間です!

東京は本日まで。
この後新潟、大阪、名古屋と巡回します。是非ご覧下さい!

[PR]
by Atelier18 | 2017-10-04 12:50 | スウェーデン刺繍 | Comments(0)

クチュリエ 秋冬号にも 私がデザインした スウェーデン刺繍キットが掲載されています。

「立体的な美しいパターンを楽しむ スウェーデン刺しゅう小物の会」というタイトルです。


HPに1つ1つのアイテムや 生地と刺し方の特徴まで、とても詳しく紹介して下さっています。


f0361510_15581631.jpg



去年 久しぶりにスウェーデン刺繍の本として私の本が出版されるまでは、

「スウェーデン刺繍」と検索すると

スウェーデン刺繍って何ですか?

スウェーデン刺繍の刺し方知っている人いますか??

という質問が 多く見られました。

課題で出されたり、お子さんが家庭科の宿題で持って帰り、本も無くて 困った方も多かったようです。


最近は 「スウェーデン刺繍」で検索すると、作られている方の作品写真が沢山見られます。

このクチュリエのキットの 完成作品もあり、とても嬉しいです。


ミニバッグは使わなそうだからと ブックカバーに変身していたり、

昨晩はインスタで マチ付きポーチを、がま口に仕立てた方の写真を見つけてびっくり。


皆さんいろいろな技を持っていて、ご自分の使いやすいようにアレンジ出来て、素敵だなーと感心してしまいました。


スウェーデン刺繍は、ご存知ない方もまだまだ多く、

発信された作品から、刺しゅうの可能性と 世界が広がっていくのを感じています。











[PR]
by Atelier18 | 2017-10-02 15:57 | ハンドメイド | Comments(0)