日本ヴォーグ社「手づくり手帖」2018初夏号
特集2 のおとなの教室は「スウェーデン刺繍」。

素敵なページになりました。




図案とレシピが掲載されている、テーブルセンター。
夏の木立をイメージして作りました。

生地とDMC5番糸と、針のキットをヴォーグ社で通販しています。

ご注文頂いているようで、大変嬉しいです。

シンプルな4つのステッチの繰り返しなので、初心者の方にも簡単です。
80cmほどのテーブルセンターで長いので、半分に切ってティーマットとコースターなどにアレンジしても良いかもしれません。


生地はスウェーデン刺繍の名付け親、久家道子先生オリジナルのクロス。
仕上げがソフトで刺しやすいので、学校の教材としてとても喜ばれています!!

針は私も愛用している広島の針メーカー「チューリップ🌷」のスウェーデン刺繍針をセットしてくださいました!
スウェーデン刺しゅうの場合は、針先の角度や、針全体のしなりが、刺しやすいのです!
刺しゅうや編み物など、チューリップさんの針を使っていらっしゃる方も多いと思います。

初夏号でもチューリップさんについて詳しく特集されています。是非ご覧ください!!

糸はDMC 5番糸。カセの輪を1mに切って、2本取りで刺します。

インスタグラムでもご紹介下さいました。



[PR]
by Atelier18 | 2018-06-19 14:57 | ハンドメイド | Comments(0)

日本橋三越本店 はじまりのカフェでのスウェーデン刺繍ワークショップ。
2ヶ月に1度のペースで続いています。

先日はカードケースを作りました。

三越の開店が早くなったので、準備しようと早めに行ったところ、なぜか皆さん揃って早く来られて、30分早くスタート!

色選びはスウェーデン刺しゅうの大事な時間です。迷いつつゆっくりと選ぶことが出来ました。



f0361510_11414199.jpg
刺してみると表情がわかり、今回の図案は中央のステッチがポイントになるので、色を変えられた方もいました。
できるだけイメージ通りに作れるように、ワークショップには刺しゅう糸をたくさん持って行きます・・・。

青系で刺されて、ポイントの中央部分にビビットなブルーとピンクを配色・・・。
表情が一変しました!!

f0361510_11420425.jpg



素敵な色合い!!
同じ図案も、色によってこんなに表情が変わるのが、ワークショップの楽しみです。

f0361510_11422752.jpg


早く始めたので、こんなに出来ました!!
並べてみんなで記念撮影。

反対側は お家で宿題・・・。


f0361510_11430545.jpg


前回のポーチも仕上げて見せて下さいました。

ファスナーに合わせて色を選んで刺しました。
裏側は配色が逆転していたりするのに・・・撮り忘れました。

f0361510_11433634.jpg
f0361510_11435315.jpg

次回は8月2日(木)11:00~13:00 です。
次回もこのポーチに刺します。
大きな作品にアレンジしやすい、楽しい図案です。

情報は7月ころ配信されます。
お問い合わせお申込みは はじまりのカフェHPからお願いします。

[PR]
by Atelier18 | 2018-06-13 11:30 | ハンドメイド | Comments(0)

刺繍家 久家道子先生が、プチポアン刺繍で再現した、 コプト裂展がエジプト大使館 文化・教育・科学局で開催されています。

駒沢公園側の 閑静な住宅街の中にある 建物です。
看板がでていますので、お入りください。


f0361510_16522039.jpg


日曜日には加藤磨珠枝立教大学教授による コプト裂についての講演会もあり、
会場にはアラビア語を学ばれている方々や、刺しゅうに関心をお持ちの 大勢の方がお集まりになりました。

会場にお集まりの皆さまが、久家道子先生と 彫刻家 五十嵐芳三先生ご夫妻が お元気で来られたことに、
何より喜ばれていました。

f0361510_16524074.jpg

今年91歳になられた五十嵐芳三先生は、1時間半の講演の間、立ったままビデオを撮られて、
誰よりも熱心に お話を聞いていらっしゃいました。

f0361510_16532219.jpg

上の写真は コプト織のエンジェル。

中央のエンジェルは貝から生まれたところ・・・
下の二人は 人魚のようです。
ナイル川の豊かな実りが感じられる図柄です。

ボッティチェッリの「春」ヴィーナスの誕生と並べて、モチーフのお話などを伺いました。

f0361510_16545512.jpg

会場では展示作品をはじめ、コプト織りのバッグや額なども販売しています。

f0361510_17315101.jpg
今回の作品展を記念して、コプトの柄のプチポアン刺しゅうキットも制作。
皆さんの関心が高く、初日に完売しましたので、早速追加いたしました。


f0361510_16564898.jpg

こちらは今回の作品展のために作った新作。
温かみと重厚感のある、国産のくるみの木を使って作りました。
時を重ねたコプト裂と、歴史あるプチポアン刺繍と、胡桃らしい年輪が調和した作品です。

会期は10日までです。この機会に ぜひエジプトの歴史と プチポアン刺しゅうを御覧ください。

会期 5月31(木)~6月10日(日)11:00~17:00
(6/2土・6/9土・6/10日は14:00まで)
会場 エジプト大使館 文化・教育・科学局






[PR]
by Atelier18 | 2018-06-05 16:50 | 刺繍 | Comments(0)