人気ブログランキング |

涼やかに

f0361510_16291176.jpg


先日のサロン講座では、夏らしく扇子入れ(写真上)を作りました。

10名の方々が、まさに十人十色。
お好きな色合せで刺しました。

易しいステッチを真っ直ぐ1つ刺すだけなので、2時間ほどの講座で皆さま片側は刺し終わり、
ご主人様やお孫さんにも作ってあげよう!と、もう1つ分の糸を選んでいかれました。


写真下の辛子色の刺しゅうは、「スウェーデン刺しゅうの図案帖」
サンプラーSの1を少しアレンジしたものです。
サンプラーは黒地ですが、生成りとは見え方が違うので、少しアレンジしました。

スウェーデン刺繍はこのように真っ直ぐひと模様刺す作品だと、あっという間に出来上がります。
私も止まらなくなり、あっという間に3つ作ってしまいました。

季節や使う方の好みに合わせて色合せが出来るので、
大勢で一緒に作るのがとても楽しく、刺激的なのです。
# by Atelier18 | 2016-07-21 16:45 | Comments(0)

f0361510_11133613.jpg


本日7月5日 読売新聞 朝刊せいかつ面に
「スウェーデン刺繍の図案帖」を紹介して頂きました。

私の本を見た方々は、小学校でやりました!と嬉しそうに話してくださいます。
自分だけでなく、男子も上手でしたよ~とみんなの様子まで思い出しています。
母が仕上げてくれました・・・という方も、とても思い出に残っているようです。

手を動かして残った思い出は、深い深いところに残って、笑顔になるのだなと思います。

眺めるだけでも楽しい。

新聞を見て笑顔になって頂けますように。
# by Atelier18 | 2016-07-05 11:23 | Comments(0)

真夏の染色

f0361510_1359916.jpg



母校での1学期最後の授業。
秋の展覧会に向けてシルク生地と原毛の染色をした。

なんと!冷房の付いていない染色室で、ガス台全部火を点けて3時間染色。
扇風機は3台回っていましたが、
付きっきりの先生(私)は茹だりそうでした。

おかげさまでいい色に染まりました。

今日のイメージと感覚は忘れずに戻って来てねと約束して、
BONNNES VACANCES!!
# by Atelier18 | 2016-07-04 14:11 | Comments(0)

f0361510_10444490.jpg


秋からの講座に向けて月1×6回のコースでどのように進めるかカリキュラム考え中。
これまで、1日講座とプチポアンの達人の方向けのワークショップだったので、
少し視点をかえて作ってみようとと思います。

スウェーデン刺繍の図案帖のサンプラーでは黒地に刺した図案を秋らしい色で刺してみました。
刺していると、これを赤系でさしたら冬にいいかしら・・・と次のアイデアが浮かんだり・・・。
色を変えれば簡単に季節感も楽しめます。


写真に針が3本付いていますが、
配置と色が決まってしまえば、このように、針に糸をつけて最初の数段だけ刺して、
針を休めておくことが出来ます。
(各社、針も長さの違う3本セットで販売が多いです)

私は2時間待ちが当たり前の病院に行く時には、前の晩に色選びをして、
このように何本も刺しておき、待ち時間にチクチクします。
病院に行くことも、待ち時間も、楽しい時間になります。
セラピー効果バツグンの刺しゅうです。

1模様刺せてあれば、繰り返しなので図案もいりません。
生地と針と糸ををくるっと巻いてバッグに入れて何処へでも持って行けます。


そんなスウェーデン刺繍。
まずは9月に1日体験がありますので、是非ご参加下さい。
https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/c227c773-aa21-feaf-c6ac-57317865a839

スウェーデン刺繍考案者であり名付け親、久家道子先生もいらっしゃいます!!
# by Atelier18 | 2016-06-30 11:17 | Comments(0)

スウェーデンクロス

f0361510_10233232.jpg

クロス表・・・・3本の浮織部分をすくって模様を作ります。


f0361510_10235632.jpg

クロス裏・・・・糸つぎの時にはここに通します。


「スウェーデン刺繍の図案帖」読者の方からスウェーデンクロスのご注文が続々。
読者の方々の作品つくりがスタートするのがとてもうれしく、
どんな作品を作られるのか・・・と自分が作品を作る時のようなワクワクする気持ちになってくる。

早速、友人から以前のワークショップのXmasカラーのテーブルセンターの
図案で刺してみたとの報告。
爽やかなグリーンとブルーに色替え。
途中で糸が足りなくなったもよう・・・。

新しい久家道子先生考案の生地は、今までの生地とカウント数が違うので、
目の細かい生地とは糸の使用量も、模様のイメージも変わってきます。

新しい本ではすべてオリジナルの生地を使用しています。
サクサク刺せるので、他の生地で刺したことのある方も是非一度お試し下さい。
これから始める方には特にオススメです。

初めて刺す方はオモテウラがわかりにくいようなので、
3本浮織の方に、刺して下さい。

スウェーデンクロスは・・・・
http://www.kuge.jp/app/campaignGoodsList/index/CampaignId/32
# by Atelier18 | 2016-06-28 11:14 | Comments(0)