人気ブログランキング |

フェルティング

f0361510_10134250.jpg


先週から2年ぶりに母校での染織の指導に復帰した。

秋の美術工芸展に向けて、フェルトの作品つくりを頼まれたので、
初回はひつじの毛が洗剤とお湯と圧縮で縮んでフェルト化するのを初めて体験しながら
本番に向けてサイズの変化やや重さのデータを集めた。


今回は原毛とをシルクを重ねて縮絨させて作品を作る計画だ。

来週から取り掛かる作品に向けて、試作もある程度大きい必要があったので、
みんなで残っていた原毛を、シルクの生地にパンチャーで腕が痛くなるほどシャカシャカしてから
くるくる巻いて、圧縮してフェルト化。はじめと終わりの質感の変化を手で確認。
一枚の生地になった。

秋に向けての作品なので、
この夏いちばんの暑さの中、WOOL100%!


刺しゅうだけでなく、時々こんなこともしています。


美術工芸展については・・・・

https://www.jiyu.ac.jp/blog/?p=52510

# by Atelier18 | 2016-06-20 10:46 | Comments(0)

スウェーデン刺繍の図案

f0361510_1614221.jpg


スウェーデン刺繍の図案帖では、はじめての方にもわかりやすいように図案をカラーにしました。
同じ色の糸を数段使うものには、横への糸の動きがわかるように、少し色を変えて書きました。


PCとはいえ、作図をしてくださった方はどんなにか大変だったろうと想像します。

私は、図案はいつも手書きです。

スウェーデン刺繍は組み合わせやアレンジが色々できるので、
ステッチを作るのも楽しいです。


f0361510_16141685.jpg

# by Atelier18 | 2016-06-16 16:53 | Comments(0)

ポケットがいっぱい

「スウェーデン刺繍の図案帖」の中に、
ポケットがいっぱい-好きなところに好きな図案で
というコラムのページがあります。


子供のポケットは木の実や石ころや、拾ったネジや・・・
いつも秘密の宝物でいっぱいです。
(時々洗濯機でゴロゴロ音がすることも・・・)

そんな宝物や、学校へ行くときの持ち物のハンカチを入れる
ポケットを作りました。

たくさん入れてもポッコリふくれてかわいい、底マチ付きです。

息子にきれいな色のシャツを着せたくて、
そのシャツとお気に入りのパンツに合わせて5番糸を選んで刺しました。

1日めは少しだけ、はずかしがっていましたが、着ていると似合ってくるものです。
お気に入りのシャツになりました。
写真は一日目、はずかしがって変な顔をしているので、ポケットのみの写真。

本には2サイズ載せました。
バッグにも外ポケットを付けるだけで、使いやすくなったりします。

ポケットがいっぱい。
宝物がいっぱい。


f0361510_14532738.jpg

# by Atelier18 | 2016-06-14 15:20 | Comments(0)

f0361510_1549014.jpg


「スウェーデン刺繍の図案帖」にはページがいっぱいで載せられなかったのですが、ブローチも作ってみました。

  ▲写真左のブローチは本の66ページのグラニーズバッグの模様部分。

  ▼下の写真のブローチは、40ページのクロス刺しの4番のステッチ。


軽い素材で仕上げてあるので、この季節の薄いシャツに着けても、生地を傷めません。

毎日日替わりで付けています。
作る時は向かい合うので、胸に着けて鏡で見ると、違う印象です。
縦にしたり横にしたりで印象がかわります。


はじめてスウェーデン刺繍をなさる方は、本掲載のくるみボタンがオススメです。
少し大きめの四角に切って刺しゅうして、後から丸くカット。
こちらも軽く、仕立ても簡単。 ブローチや髪ゴムに仕立てられます。
小さいのでステッチの質感が面白く出て、1色から楽しめます。

刺しゅう糸は300色以上あるので、
ジーンズや、このTシャツに合わせて・・・など色を合わせて作るのも楽しいです。






f0361510_15563684.jpg

# by Atelier18 | 2016-06-13 16:17 | Comments(0)

f0361510_11485117.jpg


「スウェーデン刺繍の図案帖」出版記念ということで、
朝日カルチャーセンター 新宿で1日講座を致します。


2016年 9月12日 (月)
10:00~12:30 

はじめての方でも簡単なダーニングステッチのバリエーションで写真のポーチを作ります。
「スウェーデン刺繍の図案帖」のサンプラー 花のようなステッチです。
縦にするとこんな感じになります。


生成りのクロスにお好きな糸を選んで刺繍します。
時間内にはできあがりませんので、刺繍の仕上げ、仕立てはご自宅で・・・。

当日は、本の監修をしていただいた,スウェーデン刺繍の考案者、
久家道子先生にもご指導頂けます。
スウェーデン刺繍誕生秘話も伺えるかもしれません。

まだ少し先ですが、お申し込みは始まっています。
是非皆様ご参加下さい。


https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/c227c773-aa21-feaf-c6ac-57317865a839
# by Atelier18 | 2016-06-10 12:05 | Comments(0)