この度、駒沢公園から程近い、エジプト文化教育科学局に於いて、

「エジプト・コプト裂」 展
久家道子のプチポアン刺しゅうによる再現

を開催することとなりました。

会期 5月31(木)~6月10日(日)11:00~17:00
(6/2土・6/9土・6/10日は14:00まで)
会場 エジプト大使館 文化・教育・科学局

f0361510_14060243.jpg

上の「戦うライオン」はプーシキン美術館所蔵の作品を、プチポアン刺繍によって再現したものです。
長い歴史の中に染み込んだ「時の流れ」を大切にするために、この様に、色の異なる刺繍糸を2本取りにしたり、破損した部分はそのままに再現しました。

様々なモチーフをプチポアンなどの技法で再現した作品を30点あまり展示致します。

f0361510_17392289.jpg


会期中、6月3日(日)15:00~17:00
立教大学教授 加藤磨珠枝氏による講演会も開催致します。
コプト布研究家でもある先生から、「コプト装飾布の美的世界」についてお話を伺います。
是非皆様お越し下さい。
(参加無料 事前申込不用)

f0361510_17394296.jpg

会場は「エジプト大使館文化教育科学局」
東京医療センター側です。
東京都目黒区東が丘1-19-17


f0361510_17400361.jpg

この機会に、エジプト文化と、ヨーロッパ発祥のプチポアン刺繍の交流を是非ご覧下さい。

[PR]
# by Atelier18 | 2018-05-08 18:25 | Comments(0)

5月になりました。
早速蒸し暑く、夏日ですね。

日本ヴォーグ社「手づくり手帖」17号 初夏号がまもなく発売になります。
テーマは「涼やかな手仕事」
特集はタディングレース。

そしてそして!!
第2特集「大人の学校」は「スウェーデン刺しゅう」!!

大好きな『手づくり手帖』ということで、その嬉しさを込めて作品を作りました。
素敵な写真を撮って頂き・・・素敵なページになりました。





スウェーデン刺しゅうをどんな作品に仕上げるか、というのは常に私のテーマですが、
様々な手芸が掲載される手づくり手帖ということで、
今回は 「スウェーデン刺しゅうでしか出来ないこと」を意識してデザインしました。

刺しゅうを長く続けて刺せる という特性を生かして密度のある刺しゅうを布幅いっぱいに刺し、
クルミ材に埋め込んで ファブリックパネルに。

f0361510_17482688.jpg


又、シンプルなステッチを途中で変化させて模様を作り出したクッション。などなど・・・。


RECIPEも掲載しているのは テーブルセンター。
晩秋に製作しましたが、「涼やか・・涼やか・・」と念じつつ、「夏の森」をイメージして作りました。

これは初めての体験でしたが、刺しながら、不思議と新緑の木の下を歩いているような気持になり、
これまで重ねてきた数々の夏の旅の思いでが鮮明に思い出されました。
特に馬に乗って木々の間を歩いた時の感覚です。
(蓼科で外乗り70分という体験は素晴らしかった!!)

こちらは2段上がりと3段上がりとクロスという、スウェーデン刺しゅうの基本的な3種類のステッチを使ったものなので
スウェーデン刺しゅうをはじめてみたい方にもおすすめです。
これから始めて、旅先に持っていくのもオススメです。

涼やかなページになっています!!



作品展の準備と重なり、製作に没頭する日々でしたが、
重厚感のある作品になりました。

「見たことのない作品を作って欲しい!」という難題を出して下さった編集者さんに何より感謝です。
是非ご覧ください。












[PR]
# by Atelier18 | 2018-05-02 14:20 | ハンドメイド | Comments(0)

4月26日は2ヶ月ぶりの三越本店 はじまりのカフェでのワークショップでした。

はじまりのカフェ企画の方のご提案で、今月は「母の日」に送れるアイテム・・・ということで、ポーチにしました。
サンプルは、カーネーションを意識した色選び・・・。

使いやすいサイズで、マチ以外は縫ってあるポーチに刺します。

3段上がりのこの図案は スウェーデン刺しゅうの代表のような刺し方です。
久家道子先生から引き継いだ2代目として、私自身は新しい感覚で作品を作りたいと、
自然にこの刺し方から離れようとしていたところもあったのですが、
先日の作品展に向けて作品を作る中で、久しぶりに刺してみたら、楽しくて楽しくて止まらない!!のです。

やはり王道は魅力的でした。



f0361510_16011281.jpg

ピントが合っていませんが このように刺しゅう糸を沢山並べて 色を選んで頂きました。
初めてご参加の方も多かったので、参考になるかと思い、私がグラデーションで3色を何パターンか組んでおきました。
今回は合計6色使うので 色選びも丁寧に・・・。



f0361510_16015359.jpg

今回は9名のご参加でしたが、1テーブルにつめてチクチク。
私のワークショップでは、「お隣と協力しあって下さい♪」とお話するのですが、
「これでいいのかな~」など、自然に声に出ると、お隣がが助けて下さることが多いのです。
そんな中で交流も始まります。

色も違うので、景色が違って、見合う時間が楽しいのです。


f0361510_16021778.jpg
こちらは初めてのスウェーデン刺繍。きれいに出来ています!!



f0361510_16112774.jpg
2時間で出来るのは、早い方でこの位です・・・。
ここまで出来れば 糸を重ねていくくり返し。

あとは楽しい宿題。


早速いつもご参加のWさんから、作品完成しましたとのメールを頂きました。
ワークショップでは模様の一部しか出来ないので、こうして完成したところを見るのが本当に嬉しいのです。

優しさと華やかさを感じる色合いで、配色を表と裏とでグラデーションの順を逆にされました。


f0361510_14582721.jpg


f0361510_14583553.jpg


こちらはWさんのマカロンポーチ。
はじまりのカフェでのワークショップで一度作ったのですが、
いろいろな図案で沢山作って見せて下さいました。

クチュリエキットの図案や、雪の結晶の図案などをアレンジして1本取りで刺されています。
こうして見せて頂くと、私も勉強になります。


f0361510_16024668.jpg

次回は6月8日。
今度は「父の日」にもプレゼントできるように、、、カードケースです。
サンプルは女性向けですが・・・大好きな色で作ります。

是非ご参加お待ちしています。

f0361510_15292123.jpg




[PR]
# by Atelier18 | 2018-04-27 15:55 | ハンドメイド | Comments(0)

作品展「刺しゅう日和」は連日大勢の方々にお越しいただき、
懐かしい方や、初めてお会いする方々と、幸せな時間を過ごすことが出来ました。
長年仕事をしていた明日館は居心地よく、私の根っこの部分だなと感じました。
お越し下さった皆さん、JMshopのスタッフの皆さん、ありがとうございました!


今年は日本とスウェーデンの国交樹立150周年だそうです。
(昨年、お隣のデンマークと日本が国交150年でした!)

現在スウェーデンハウスの豊洲モデルルームでは、発見スウェーデンフェアと題して、スウェーデンブランドのテキスタイルや食器、おもちゃなどを展示、紹介しています。

なんと!
私の「スウェーデン刺しゅう」の作品も飾って頂きました。

f0361510_00171272.jpg


スウェーデン刺しゅうは、スウェーデン伝統の刺繍ではありませんが、久家道子先生がスウェーデン人宣教師の元で生活工芸を学んだ事がきっかけで、名付けられた刺繍なのです。

まさにスウェーデン人と日本人の交わりから始まった刺繍なのです。そんな事から、この刺しゅうを展示して下さいました。

日差しの気持ちよい和室に、作品展の作品や、「スウェーデン刺しゅうの図案帖」の作品を飾って頂きました。


f0361510_00175936.jpg
スウェーデンハウスなので、和室のイメージが無かったのですが、窓も天井も素敵な和室です。
何より日当たりが良くて、ここで皆さんでチクチク刺繍したら楽しそうだねーとスウェーデンハウスの方と盛り上がりました!


f0361510_00183436.jpg


来週末には、北海道のスウェーデンヒルズの説明会も開催されます。森のなかの家々。スウェーデンヒルズの景色は私が夏期講習に参加した手芸学校のセーテルグレンテンのあるダーラナ地方の景色そのものです。憧れます!

今年はスウェーデンハウスでも季節ごとに色々記念イベントが始まるそうです!楽しみです!

Facebookにもご紹介くださいました。是非ご覧下さい。



[PR]
# by Atelier18 | 2018-04-14 00:11 | スウェーデン刺繍 | Comments(0)

「刺しゅう日和」
桜の咲き誇る時と重なり、連日大勢のお客様で賑わっています。

週末の夜桜見学会では、月と共にライトアップされた桜がとても綺麗でした。
風に散りゆく姿も、大谷石に花びらが重なっていくのが美しい。

f0361510_13350251.jpg


f0361510_13352830.jpg


f0361510_13355155.jpg


昨日は最後の在廊日。
私と、久家道子先生の友人達をはじめ、スウェーデン刺繍に関心をお持ちの沢山の方々にお越し頂けました。

f0361510_13360487.jpg


ワークショップも楽しんで頂けました!

同じステッチで刺しても、色や向きを変えると、その方の作品になるのが素敵です。

f0361510_13362106.jpg


f0361510_13365734.jpg


f0361510_13371440.jpg


f0361510_13373613.jpg


f0361510_13401785.jpg

昨日で今回のワークショップは終わりましたので、
ブローチキットを作ってきました。10個限定、キナリと黒の二個作れるキット(1080円)です。刺繍糸は13色位入っています。配色で、世界に1つのブローチが出来ます!
残念ながら参加出来なかった方々も多くいらしたので、是非こちらのキット、お試しください♪

ワークショップで初めてスウェーデン刺繍を体験された方は、その楽しさに、帰りにブローチ土台を求めて手芸店に寄られたほどです。


日本ヴォーグ社瀬戸社長もいらしてくださいました。

5月発売の「手づくり手帖」では、スウェーデン刺繍を取り上げて下さいました。本当に素敵なページになっています!
初夏にぴったりの涼やかな作品レシピも掲載。
どうぞお楽しみに!!

多くの方々と、作品を前にお話する時間。スウェーデン刺繍の可能性が広がるのを感じます。

f0361510_13470063.jpg

明日館の桜イベントは、来週火曜から金曜まで続きます。
それに合わせて「刺しゅう日和」の開催も8日まで、1週間延長されました。

桜は散りつつありますが、夜の明日館はとても美しいので、是非いらしてください!

[PR]
# by Atelier18 | 2018-04-01 13:33 | ハンドメイド | Comments(0)