人気ブログランキング |

タグ:ハンドメイド ( 38 ) タグの人気記事

昨日は月に一度の自由学園 リビングアカデミーの日。

緑豊かな学園から見上げた空は 本当に気持ちよかった。


f0361510_18005563.jpg


夏休み明け 久しぶりに集まって、前回の作品バネ口ポーチを見合いました。


f0361510_17495900.jpg



今回はキナリと黒から選んで作ったのですが、
布目が見にくいけれど、小さい作品だから黒に挑戦してみる!!と黒を選んだ方が多かったです。

f0361510_17500687.jpg


f0361510_17495562.jpg


f0361510_17495098.jpg


f0361510_17503662.jpg




いつもと違う色合いで作ってみました♪と 皆さん嬉しそう。

いつもは選ばない色で刺してみる・・・・

そんな小さな冒険も スウェーデン刺しゅうの魅力です。



24日の北欧てしごと教室のワークショップは まだお席があるそうです。
こちらもお好きな色で刺していくので、十人十色 みな違うものができます。
色合わせの楽しいスウェーデン刺しゅう ご参加下さい。



by Atelier18 | 2019-09-21 18:06 | ハンドメイド | Comments(0)

先日 私の本 「スウェーデン刺しゅうの図案帖」をネットショップBASE で販売していることを報告しました。

直ぐに反応があり 皆さん本と 生地を合わせてご注文下さいました。
メッセージもくださり、スウェーデン刺しゅうの輪がまた広がりました。
ご注文 ありがとうございました。



先日北欧てしごと教室にも 夏休みの自由研究としてスウェーデン刺しゅうをやってみたいと、
6年生の女の子とお母様がご参加下さいました。

f0361510_15331608.jpg

黄色いファスナーに、ピンクやグリーン 黄色の5番糸をチョイス。
難しいかなと心配しましたが お母様に教えてあげたりと、とても上手に刺していました。
簡単に ダーニングステッチだけでも可愛いよと、抜け道?を言ったら、
「ちゃんと全部やりたい!!」と笑顔で答えてくれました。


今日も ネットでも本屋でも 販売していなかった!!
というお客様からお問い合わせがありました。

日本中の 必要としている方々にこの本が届きますように・・・
是非皆様 拡散のご協力お願い致します。









by Atelier18 | 2019-08-23 15:38 | ハンドメイド | Comments(0)

夏休みも中盤。 

自由研究や 卒業制作などで スウェーデン刺しゅうをされている 親子さんがいらっしゃると思います。
昨年は Instagramで刺し方がわからない!!と困っていらっしゃるお母様に おせっかいにもご説明してしまいました!!


先程そんなお母様から「スウェーデン刺しゅうの図案帖」を送って欲しいとの お電話頂きました。
今回ネット検索はされてなく、書店にも 図書館にも無かったそうで、お困りでした。


検索してみたら 先日まで販売していたAmazonでも一般の販売はしていませんでした。(マーケットプレイスはあります・・・)
これは多分・・・販売元 グラフィック社さんの在庫が無くなったのでしょう。

刺しゅう本 ランキング53位なのに!!




実は昨年7月、私も知らぬ間に 初版が完売となっていました。
同じ様にお問い合わせも多く、私自身もワークショップで使っている本ですので、増刷をお願いしたところ、
難しいとのお返事でした。

日本で唯一の指導書ですので、まだまだご存知無い方、必要とされる方がいらっしゃると信じて・・・
私自身がたくさん沢山・・・半分引き受ける!! という大決心で 
昨年8月に第2版 増刷して頂くことが出来ました!!

そんな訳で・・・
「スウェーデン刺しゅうの図案帖」 アトリエ久家に たくさんあります!!






f0361510_14374561.jpg


皆さんに「スウェーデン刺しゅうの図案帖」と 久家道子先生オリジナルスウェーデンクロスをご紹介するために
BACE さんでネットショップを始めました。

ネットショップを作り込む時間も無く、写真を貼り付けただけの簡単なご紹介ですが、
通販でご購入いただけるようになりました。



自由研究でスウェーデン刺しゅうにトライする子どもたち・・・
久しぶりに 様々なアレンジを楽しみたい方・・・
皆さんに本を届けたいと願っています。
ネット検索でも ショップにたどり着くのは難しいかもしれません・・・。

私のブログをみてくださる方や 
Instagram atelier.18のフォロアーの皆様 
「スウェーデン刺しゅうの本」お探しの方に ご紹介下さい。


どうぞどうぞ よろしくお願い致します。












by Atelier18 | 2019-08-13 18:00 | ハンドメイド | Comments(0)

暑い暑い夏です。

夏生まれで、暑さには強いと思っていた私もさすがに 驚く暑さです。
午後になると冷房が効かなくなりますね・・・。



6月のワークショップでは 扇子入れを作りました。
2年前にも作ったのですが、差し込む形で 扇子がスルッと出てきてしまうので改良したいと思っていました。
今年はそれが完成!!  2年越し・・・(笑)


お好みの色を伺って、仕立てたものに刺しました。
だからお扇子の色にみなさんぴったりでした。


こちらは自由学園リビングアカデミーの皆さんの作品。

扇子入れは1列で完結するので、とても刺しやすいアイテムです。
だからこそ 配色などに丁寧に向き合えて、それもまた楽しい。

f0361510_10390858.jpg


ピンクが大好きなYさん。 

f0361510_10593452.jpeg



f0361510_11024652.jpg

全部で6段刺す図案、表は6色のグラデーション 裏は3色・・・と
表裏配色を変えて刺した方もいました。

グラデーションを6色選ぶのは、それだけでワクワクする時間。
それで刺し始めると・・・ワクワクが止まりません。


f0361510_11024004.jpg


閂止めのところに 鈴をつけたのもとても可愛いですね。

f0361510_10390104.jpg




こちらは はじまりのカフェでスウェーデン刺しゅうを楽しまれていたみなさんが集まるグループ。

閂止めのところに付けた タッセルが素敵です。

f0361510_10385560.jpg



f0361510_10385104.jpg

最後の仕立ても 閉じたり フリンジにしたり・・・。
左側の方は刺し間違ってしまったのを、アレンジして・・・初めの図案より素敵になりました!!



今年の夏は 大活躍ですね。 
使ってもらえるのが、何よりうれしいです。


by Atelier18 | 2019-08-05 11:41 | ハンドメイド | Comments(0)

いつも私の帽子を作って頂いている
帽子作家のninguru ニングルさん。

3年前、「スウェーデン刺しゅうの図案帖」のための作品を作っている頃、この織物のような刺しゅうを帽子に仕立ててみたい!とネットを見ていて、手織りの生地を使って素敵なハンチングを作っているninguruさんを見つけました!

織り生地を解っている方なら、刺繍をお預け出来る!と思ってお願いしたのが始まりです。私がいつもプロフィールに使っている写真の黒地のハンチングです。


この秋、ninguruさんのお客様のリクエストから、このコラボが始まりました。

ninguruさんのパッチワークのような作品+スウェーデン刺繍。
どうなっていくんだろう!!と二人とも大興奮しながらやり取りしました。

第1段は沖縄の生地と合わせたベレー。
合わせる生地にも同じ刺繍糸でステッチを加えて、作って下さいました。

f0361510_09442504.jpg


f0361510_23100810.jpg


第3段はハンチング。
なんとお客様はイメージするために「スウェーデン刺しゅうの図案帖」をお求めくださいました。

スウェーデン刺繍がwoolと出会って、オレンジのコートに合うハンチングに……。
woolの厚みもあって、ほっこり温かなフォルムになりました。
刺繍は厚みがあるので、woolとの相性いいですね。


f0361510_09473620.jpg


f0361510_23110384.jpg


f0361510_23112685.jpg


f0361510_23114808.jpg

方向によって違う表情の帽子ですが、
私はこのステッチの後ろ姿がとても好きです♪


そしてそして!
ninguruさんが素敵にかぶって写真を撮ってくれました!

帽子はかぶると生きてくる!!

f0361510_09334534.jpg


自分だけでは絶対に見えない世界が見えてくる。
コラボは楽しいです♪

ninguruさんの素敵な世界、ご覧ください!!




by Atelier18 | 2018-11-21 09:56 | ハンドメイド | Comments(0)

10月始め、キルト&ステッチショー 2018 
ステッチ部門にスウェーデン刺繍で参加します!!

2016はスウェーデン刺しゅうワークショップをして、
2017は がま口100 に赤いがま口を出品。

そして3回目の2018年には、刺しゅう部門に大きく展示していただけることになりました。
大きな舞台を頂いたので、スウェーデン刺繍でしか出来ないことを表現したい!と準備してきました。

今日作品をヴォーグ社ビルに納品しに行ったところ、
刺繍の世界の尊敬する先生方のお隣に、展示して頂けると聞いて
震え上がっています……。

今回のテーマは 「旅する刺しゅう」。
私の作品は、正にいつも私と旅しています。

f0361510_22115682.jpg

今年も石垣島や北海道に、一緒に旅した刺繍達は、
帽子作家のninguruさんの手によって、こんな風に仕上がりました。


f0361510_17010738.jpg




f0361510_17002945.jpg


f0361510_17004496.jpg


東京では、久家道子先生のプチポアン刺繍協会のブースで、3日間13:00~14:30にスウェーデン刺繍のブローチワークショップをします。「スウェーデン刺しゅうの図案帖」や、久家道子先生オリジナルのスウェーデンクロスも持っていきます♪

プチポアン刺繍の皆さんの作品も、大作ばかりで見応えあります。プチポアンのワークショップも私の前と、後にありますよ。
こちらもとっても可愛い刺繍が出来ます!

東京から始まり、大阪、名古屋、新潟と回ります。
是非ご覧下さい!

by Atelier18 | 2018-09-13 22:22 | ハンドメイド | Comments(0)

スウェーデンハウス 北海道札幌の宮の沢モデルハウスで、
私の作品を展示して、「スウェーデン刺繍」をご紹介して下さっています。

f0361510_16214932.jpg

残念ながら、私は行くことは出来ませんが、
素敵な写真が届きました!

「スウェーデン刺しゅうの図案帖」と合わせて、サンプラーや、掲載作品などを展示して下さったので、じっくり見ることが出来ます。

今年はスウェーデンと日本の国交150周年なんです!
生活の中の手作りを愛するスウェーデンへの憧れを込めて名付けられた「スウェーデン刺繍」。
その企画の1つとして、スウェーデン刺繍をご紹介下さいました。

29日までですので、北海道の皆様に是非ご覧頂けたら嬉しいです!




by Atelier18 | 2018-07-18 23:46 | ハンドメイド | Comments(0)

7/14(土)~29(日)スウェーデンハウス 北海道 宮の沢モデルハウスで、
「発見スウェーデンフェア』として私のスウェーデン刺しゅう作品を展示してくださることになりました。 

『手づくり手帖』初夏号に掲載された作品や、春の作品展に出品したもの、
『スウェーデン刺しゅうの図案帖』の刺しゅうサンプラーなどなど・・・。

北海道の皆様にスウェーデン刺しゅうを知っていただく機会を作って頂き、とても嬉しいです。





今回の準備中に、私のスウェーデンの思い出、懐かしいアルバムを開きました。

それは、スウェーデンのダーラナ地方にある手芸学校セーテルグレンテンのサマースクールに参加したときのアルバム。

ホームページを見ると、木工・金属・織物・編み物などなど、楽しそうなコースが沢山。

その時私は染織をしていましたが、言葉がわからなくても参加できるかな・・とウール刺しゅうのコースに参加しました。

f0361510_12103295.jpg


スウェーデン国内はもちろん、世界中から集まった手芸好きの個性豊かな老若男女と過ごす5日間。
下の写真は10:00のお茶「フィーカ」の時間。残念ながらウール刺しゅうのカリーナ・オルソン先生が隠れています・・・。

f0361510_12111439.jpg

宿泊するお部屋は、ベッドカバーや絨毯が手織り。
手づくりのお食事はバリエーション豊かで美味しく、毎日毎日みんなとコーヒータイム『フィーカ」を楽しみ、
夜まで明るいので、刺しゅうし続ける、夢のような時間。
最後の日は楽しい作品発表会!!

今年もサマースクールが楽しそうです!!
HPは日本語にも翻訳されています。




一つ一つ手描きされた可愛い椅子が並んだその学校の図書館で、
久家道子先生の「スウェーデン刺しゅう」の本を発見した時の驚きと 嬉しさ!!

f0361510_12114776.jpg

f0361510_12122222.jpg
そんなスウェーデンでの日々を思い出すような、素敵なスウェーデンハウスの空間で、
「スウェーデン刺しゅう」をゆっくりご覧ください。

手芸の盛んな北海道で、スウェーデン刺しゅうが広がっていきますように。


by Atelier18 | 2018-07-12 17:14 | ハンドメイド | Comments(0)


スウェーデン刺しゅうは長く刺せる!ということで、これまでも布巾いっぱい、85cmまでは刺してきましたが、
今回はその倍の長さを刺しています。
久家道子先生は、スウェーデン刺繍は大きくどこまでも刺すことが出来るから、ベッドカバーなども刺せるように
広幅で織りましょう!と、始めてこの生地を織った時に 広幅で織ったのです。

今回はその生地を使っています。

f0361510_19110302.jpg



f0361510_19111700.jpg


日本ヴォーグ社 「手づくり手帖」をご覧になって、始めてスウェーデン刺繍をご覧になった方もいらっしゃるでしょうか。
掲載のテーブルセンターキットも本発売と同時にお申込みがあり、好評とのことで、とても嬉しいです。
特集にもなっている広島のチューリップさんの針をセットして頂きました。


今回の作品も『スウェーデン刺しゅうの図案帖』でも、私の作品は久家道子先生のオリジナルスウェーデンクロスを使用しています。

このクロスは針を進めると自然に布に通るような刺し易さを大切に織られたので、仕上げが柔らかく、布目のカウント数も少し粗くなっています。
他のメーカーさんのスウェーデンクロスとは目数が違いますので、手芸屋さんや通販でお求めになった生地で刺される場合は
出来上がる模様の寸法などに違いが出ます。


仕上げがソフトなので、その分 水通しすると縮みます。
他の生地と縫い合わせる場合には、刺しゅうしてから水通しして、お使いになることをおすすめしています。
刺しゅう糸も一緒に縮み、まるで織物のようにきれいに縮絨します。

他のメーカーの生地はピンクや水色などの色があったり、きちんと仕上げてある、良さがあります。

やってみたいけれど、近隣の手芸屋さんにはスウェーデンクロスを販売していなくて、材料が揃わないとの
声も届いています。

久家道子オリジナルスウェーデンクロス ご希望の方は、㈱アトリエ久家にお申し込み下さい。
生成りと黒の2色 布幅86cm 「50cm単位」で販売しています。


生成り 3,240円(税込)/ 1m
黒   3,780円(税込)/ 1m

50cm単位

送料は1mまででしたらレターパックに入りますので360円です。

お申込み頂いたあと、 金額と振込先をお知らせして、お振込が確認出来次第の発送になります。
お申込みはメール又はFAXでお願いします。
㈱アトリエ久家
メール kenji@atelier-kuge.co.jp
FAX 03-3381-1849 

申し訳ありませんが、現在のところ 刺しゅう糸や針は販売しておりません。
5番糸が手に入らないという方もいらっしゃるようです。
25番糸で刺される場合は、6本どりや、12本どりで刺すこともできます。


京橋にある越前屋さんでは、スウェーデンクロス、5番糸も全色!!
スウェーデン刺繍針も各種取りそろえていらっしゃるのでオススメです。通販もあります。
HPにはオリムパス社のクロスしか出ていませんが、お店には久家道子オリジナルのクロスもあります。
今回私が刺している 広幅175cmかもしれません・・・。(お値段は倍です)


スウェーデン刺しゅうの図案帖は、ページごとに色合いを合わせて刺したサンプラーが沢山あり、
ほぼ実物大で掲載しています。
例えばポーチを作る時、作りたいもののサイズに紙を切り抜いて窓からのぞくようにして、
図案を決めるのもおすすめです。

今後のワークショップは、下記のとおりです。決まった時にはBlogやインスタグラムでお知らせしています。
5/29 北欧手しごと教室 
6/8 三越日本橋本店はじまりのカフェ
6/26 北欧手しごと教室
8/2 三越日本橋本店はじまりのカフェ
9/4 朝日カルチャーセンター新宿


また、私がDesignしたキットが フェリシモで販売されています。
こちらもぜひお楽しみ下さい。















by Atelier18 | 2018-05-20 19:02 | ハンドメイド | Comments(0)

f0361510_14562650.jpg


日本ヴォーグ社 手づくり手帖 初夏号 涼やかな手仕事 
心待ちにしていた本が 本日 届きました!!

昨年秋から作っていた作品の数々・・・。
第2特集 大人の学校 「日本生まれのスウェーデン刺しゅう」として とても魅力的なページになりました。



f0361510_14564174.jpg


ファブリックパネルやクッション・・・ハンチング等など・・・。


ハンチングはこちらのBlogにも 2016年 8月にその製作過程について 記しています。

2段上がりのバリエーションを全面に施したものを、帽子作家のニングルさんに仕立てて頂いたものです。


f0361510_14565903.jpg


テーブルセンターのレシピも掲載。
こちらはキットも通販されます。

作品展でも多くの皆さんが刺してみたい!!と仰っていた ファブリックパネルの図案も掲載しています。
糸がとぶのでバッグなどにはむきませんが、密度があって刺し始めると止まらない・・・図案です。


私のあこがれの染色家 吉岡先生のお話や、私もスウェーデン刺繍で愛用の 針のチューリップさんについて・・等など、 
読み物としても面白い 「手づくり手帖」。

ぜひ手にとってご覧ください。
Amazonからも購入できます。


掲載のこのクッションを刺してみたい!!
とおっしゃる方も多いので、この刺し方のワークショップをしてみようかなと計画中です。
クッションは大きくて なかなか大変なので、まずは小さなポーチなどを考えています。

「スウェーデン刺しゅうの図案帖」発売からまもなく2年。
スウェーデン刺しゅうの輪も広がってきました。
そろそろ、アトリエでワークショップ始めようかなと 思っています。
第一回目に このステッチにしようかな・・・と。

お楽しみに・・・!!


by Atelier18 | 2018-05-16 14:53 | ハンドメイド | Comments(0)