人気ブログランキング |

f0361510_17320557.jpg


秋の明日館での 作品展が終わりました。

今年1月に久家道子先生を送り、どこか心細い思いで始まっ作品展でしたが、
力を貸して下さった 糸ボタン作家 ちくちくちどりさんの作品や
久家道子先生の素晴らしい全面刺しの作品たち・・・
そして見に来て下さる皆様に 日々力をもらいながら 2週間を過ごしました。


寝ないで刺しゅうする準備期間で、体力がもつのか心配でした。
でも下の写真でもわかるように・・・会場に入って皆さんに会うと、エネルギー注入されるようです。

DMC小山田社長も見に来て下さり、スウェーデン刺しゅうを楽しむ方々とお話ししてくださいました。
頂いたお花は会期最後まで空間を華やかにしてくれました!!
本当にありがとうございました。



f0361510_17314866.jpg


普段は刺しゅうした作品を販売していないので、 今日はお嫁入した作品たちを記録してみたいと思います。

後半少し寒くなってくると、ブローチを手に取る方が増えてきました。
今回は木枠でそろえたので、これからのコートやセーターに合う色は・・・とご一緒に選びました。


f0361510_17340328.jpg


f0361510_17332261.jpg






こちらの四角い帽子 帽子作家 ニングルさんのデザインで「ババロアハット」と呼んでいます。
少し変わった形ですが かぶってみるとすっと馴染んで、色や形を楽しむことが出来る私も大好きな帽子です。

明日館講堂での フリーコンサートに来られたという素敵なマダムが こちらを選んでくださいました。
帽子が大好きで 沢山持っているけれど こんなの見たことない!!と。

とってもお似合いで、かぶって音楽会に・・・。

丁度その時には私の大切な友人たちがそこにいて、みんなで踊り出したいくらい嬉しいね と喜んでくれました。

f0361510_17340890.jpg


こちらの中折れの帽子も、 グリーンのジャケットをお召しの素敵なマダムのもとに・・・。

この刺しゅうはブログを振り返るとわかりますが、あちこち旅して刺しました。
そんな日々が思い出されました。


f0361510_17312649.jpg



こちらの赤いサッシュベルトは、黒いワンピースに合うものを探していた・・・という方に。


f0361510_17313732.jpg





そして今回 私の夢を叶えて 糸ボタンを作ってくださった ちくちくちどりさんとのコラボ作品。

キナリのトップスは、左右違う巻き方で仕上げて頂きました。

スウェーデン刺しゅうを楽しんでいらっしゃるかたの元へ・・・・。

これを着て旅に行きたい!!と、とても喜んでくださいました。


f0361510_15243484.jpg






f0361510_15243133.jpg


Tシャツをはじめとする沢山の刺しゅうキット・ポーチ・クロス・本が 本当に多くの方々のもとに旅立ちました。

皆さんが素敵な「刺しゅう日和」を過ごされることを、そしてまた作品と一緒にお会いできることを願っています。 

皆さんとお話しする時間が、どれだけ力になったか、わかりません。
ありがとうございました。





by Atelier18 | 2019-11-08 18:20 | ハンドメイド | Comments(0)

刺しゅう日和 
素敵な出会いがたくさんの1週目が終わり、
今日から2週目が始まりました。 
なかなか更新出来ませんでしたが 報告を・・・。

前回2018年春の「刺しゅう日和」は久家道子先生とご一緒でした。
今回は先生へのオマージュを込めて 先生の作品も多数展示しています。
先生の著書に掲載された作品を選んでいるので、皆さん実物がみられてうれしい!!と喜んでくださいました。

写真も撮影可能です。
とても丁寧に刺してある作品ばかりですので、どんどん真似して作って頂けたらと思っています。
Instagramなどに載せる際には久家道子先生作品を参考にしたことを明記お願いします。 


f0361510_15104010.jpg

こちらは私の作品・・・
これからの季節にぴったりの 木枠で作ったブローチ。


f0361510_15112324.jpg

ハンチングと おそろいのサコッシュも・・・・

帽子はいつものようにニングルさんに作って頂きました。



f0361510_15484957.jpg


ボタン作家の ちくちくちどりさんにお願いして 実現したコラボ作品のトップス・・・。

当たり前のことですが、着ることによって 刺繍も ボタンも動き出します。
それがまた、なんとも楽しいのです。

着心地もよいので、是非会場でお試し下さい!!



f0361510_15490878.jpg

26日 27日にはワークショップも・・・・。


f0361510_15101977.jpg



私のポーチのワークショップでは、仕立ててあるものに刺しゅうするので、
出来上がりをイメージして刺すことが出来ます。

f0361510_18123824.jpg


こちらは今回初めての 刺繍ブレードTシャツ。
これについてまた あらためて書きたいと思いますが、初めての方もその方にぴったりの配色でとてもきれいに刺すことが出来ました。

ワークショップは終わってしまいましたが、こちらキットとして販売しています。

f0361510_15244719.jpg



今日30日の朝日新聞 マリオンにも掲載していただきました。
 
f0361510_15114366.jpg

東京都文化財ウィークとも重なり F・Lライトの建築「自由学園明日館」見学の方も大変多くいらっしゃいます。
この週末は2日土曜 3日日曜は見学や 中央のホールでの喫茶もできるようです。
最終日4日は外観の見学のみです。

会期は文化の日振替休日の11月4日までですので、ぜひこの機会にスウェーデン刺しゅうをご覧ください。



by Atelier18 | 2019-10-30 18:30 | ハンドメイド | Comments(0)

今回の「刺しゅう日和」では 素敵な作家さんとのコラボ作品があります。


美しい手仕事 「糸ボタン」をご存知でしょうか。

糸で作られたその作品の美しさ、日々更新される様々な表現に驚かされ、Instagramを見るだけで幸せになっていました。
ちくちくちどりさんの作品です。

なんと「刺しゅう日和」に向けて、憧れのちくちくちどりさんとのコラボ作品を作っています!!
スウェーデン刺しゅうに合わせて、DMC5番糸で作って頂いたボタンたちが届きました!
お願いした私がどきどきしてしまう美しさ。



f0361510_11342161.jpg

ちどりさんのボタンを知って、本が出来たら作ってみたい!と感動をお伝えした事から始まりました。
待ちに待った本が、9月に発売されました。
私の本と同じグラフィック社さんというご縁!!



コラボ作品をちらりと・・・・。

これからの季節にぴったりの スウェット素材のチュニック・・・。
限定6点・・・。

素敵なボタンは ブローチに仕立ててカフスのイメージで付けています。
大ぶりの袖の調節にもできるように・・・



f0361510_11342722.jpg


22日からの「刺しゅう日和」では大切な作品を少しだけですがお借りして、
繊細なリングワークのボタンなどもご覧頂けたらと思っています。
見るのにも メガネが必要な細かさです。

今年1月に他界された 久家道子先生の作品も展示しますが、スウェーデン刺しゅうだけでなく
リングワークも少しだけ展示します。
久家道子先生がリングワークの本を書かれたのが昭和43年。
こうして今日につながることを 先生もお喜びになると思います。

by Atelier18 | 2019-10-17 11:47 | ハンドメイド | Comments(0)


f0361510_16080895.jpeg
ワークショップ参加者さんから、作品完成しました!と写真が届きました!!

6月の扇子入れと 8月のメガネ入れ。


裏地を選んで頂いて 私が仕立ててから刺しゅうしたのですが・・・

メガネ入れの 8の字のギザギザステッチ は刺繍糸を沢山使います。

サンプルは刺繍してから縫ったのですが・・・



レシピを作りながら気づきました。
 「仕立ててあると 糸継ぎが出来ない!!どうしよう!!」

再度 糸つぎ無しで どのくらい糸が必要か 試作して・・・
2m以上の長い長い5番糸2本どりで刺す という
ワークショップとしては 難易度の高いものになりました。

皆さん大変だったと思います。





f0361510_15335635.jpg




f0361510_15411923.jpg


皆さん きれいに刺して下さいました!!


この刺し方は 久家道子先生のスウェーデン刺しゅうの本より 黄色い手提げの刺し方です。

縫い方は扇子入れと同じですが、メガネいれは厚めの不織布を挟んで仕立てました。

裏側はオリジナルの図案で刺されたり・・・・。
アレンジも楽しい スウェーデン刺しゅうです。


f0361510_15334360.jpg




by Atelier18 | 2019-08-26 15:25 | ハンドメイド | Comments(0)

走っても追いつかない・・そんな気持ちの師走・・・。
本格的に寒くなって、来年のカレンダーが届くようになりました。
季節毎の素敵な写真を眺めながら、来年はどんな年になるかしら・・・と思いつつ1枚ずつめくります。
そして少しずつ決まっていく予定を書き込み始めています。

同時に2018年の様々なことを思い出し、お世話になった多くの皆さまとの時間を思い出し、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

2018年は私のふるさとである自由学園明日館のJMショップでのはじめての作品展から始まりました。
美しい桜の季節であることもあり、多くのお客様に起こしいただくことが出来ました。
次回は紅葉の美しい2019年の秋、文化財ウィークの頃にまた企画しています。

スウェーデンと日本国交150周年の記念企画でスウェーデンハウス様とお仕事が始まりました。
豊洲・北海道・名古屋で作品を展示して頂き、札幌・三鷹ではワークショップをすることが出来ました。
スウェーデンハウスの 木の美しい空間に スウェーデン刺繍はとても似合います。
こちらは来年1月にも続き、広島で作品を展示していただきます。

東京子供図書館では、子どもたちとブローチづくりのワークショップ。50人以上の子どもたちが集まり、夢中に作る楽しい時間になりました。子供たちに教えることで、気づくことも大変多く、実り多い体験でした。

日本ヴォーグ社 「手づくり手帖」夏号では特集として紹介して頂きました。
スウェーデン刺繍の60年の歴史を共に歩んできたヴォーグ社さんから、「見たことの無いものを作って欲しい!!」との
ご依頼に、私なりに頭をひねって作った作品たち・・・。
掲載したテーブルセンターキットを販売したのですが、とても人気がありました。

秋にはキルト&ステッチショーで、ステッチ部門の「人気作家の技」という大きなコーナーに作品を展示、ご紹介して頂きました。
アトリエ久家としてブースで参加。刺繍ワークショップもさせて頂きました。
3年前のキルト&ステッチショーでのワークショップにご参加の方に再会出来たり、海外からのお客様にも体験して頂きました。。
こちらは今後名古屋 新潟と周ります。


思い返すと多くの方に出会った1年でした。
2019年も、またスウェーデン刺繍の輪が拡がっていきそうです♪


2月 3月の北欧てしごとのワークショップの募集が始まりました。




こちらは日本橋三越本店 はじまりのカフェのワークショップ。
今回使うモノトーンの生地も久家道子先生 オリジナルの生地です。いつもと違うワークショップですので、是非ご参加お待ちしています。
ネットでお申し込みが出来ますので、こちらからお願いします。




by Atelier18 | 2018-12-13 22:27 | ハンドメイド | Comments(0)

今年はキルト&ステッチショーに「アトリエ久家」としても参加。久家道子プチポアン刺繍協会の会員の方の素晴らしい作品を展示致しました。

f0361510_22293945.jpg


f0361510_22423164.jpg

プチポアン刺繍は、大変細かいシルクの紗に
25番糸2本どりや、細かいものでは1本で、テントステッチで刺す刺繍です。

遠くから見ても圧巻のキルトとはスケールが違い、緻密な手仕事。

大変細かい刺繍ですので、近づいてご覧下さい!!と
声をお掛けしました。

f0361510_22425998.jpg

モノトーンの宮廷の様子。


f0361510_22431220.jpg



f0361510_22433094.jpg

本当に手で刺しているんですか?

何ヵ月かかりますか?
と皆さんが驚いていらっしゃいました。

f0361510_22435548.jpg



f0361510_22442297.jpg


また、ワークショップも大勢の方にご参加頂きました。
初めての方が多かったのですが、さすがにキルト&ステッチショーに来られる方々は皆さん器用で、女の子の図案も、バラの図案もきれいに仕上げていらっしゃいました。

f0361510_22465930.jpg


f0361510_22500948.jpg

是非来年もまた刺したいです♪と言われる方も多く、
是非来年も来たいねーとスタッフ一同願っています。

by Atelier18 | 2018-10-09 22:25 | ハンドメイド | Comments(0)

10月4日から6日 池袋のサンシャインシティで開催される
「キルト&ステッチショー2018』。

今年はSTITCH 刺しゅうのコーナーに私のスウェーデン刺しゅう作品を紹介していただけることになりました。
以前に載せた新しい帽子たちなどなど・・・
スウェーデン刺しゅうでしか出来ない表現を・・と思って作った作品。
東亰に続き、大阪 名古屋新潟と、4会場回りますので多くの方にご覧いただき、スウェーデン刺しゅうを知る機会になったら嬉しいです。


そして東亰展では今年はじめて、「久家道子プチポアン刺しゅう協会」としてブース参加もします。
プチポアン刺しゅう協会の先生方の額を中心にした、圧巻の作品が並び、華やかな空間になることと思います。

プチポアン刺しゅうはシルクの紗1cm角に144目のステッチを刺すような、大変細かい刺しゅうです。
刺繍糸1本どりで刺した、驚くほど細かい作品もあるかもしれません。


写真はお教室で使うフォーマルバッグの図案。
細かいので、このデザインで6枚の図案が必要なのです!!

f0361510_12463262.jpg


ブースではこのプチポアン刺しゅうと、スウェーデン刺しゅうを体験できるワークショップを企画しています。

プチポアン刺しゅう体験
1回目 10:30~12:00
2回目 15:00~16:30
参加費 800円(税込)
フレームは別売 700円

こちらは1cmに7目のキャンバスなので、初心者の方にもお楽しみ頂けます。

f0361510_12555339.jpg

スウェーデン刺しゅうブローチ作り
13:00~14:30
参加費 1,000円

とても軽いのでこれからの季節、セーターやコートに付けやすいブローチです。




f0361510_12560634.jpg

お席の関係で、1回に参加できる人数が8名と少ないのですが、はじめての方でも出来ますので、是非ご参加下さい。ご予約なしで、当日お越し下さい。

私もスウェーデン刺しゅうを身に着けて、会場にいますので、
年々盛り上がりを見せていますので、とても混んでいると思いますが、
「久家道子プチポアン刺繍協会」ブースを探して お声掛け下さい!!

今年は前売り券を購入すると、キルト柄の素敵なクリアファイルが当日もらえるようです!!
他にもたくさん楽しいワークショップなどが盛りだくさん。ごゆっくりお楽しみ下さい。























by Atelier18 | 2018-09-27 13:18 | ハンドメイド | Comments(0)

10月始め、キルト&ステッチショー 2018 
ステッチ部門にスウェーデン刺繍で参加します!!

2016はスウェーデン刺しゅうワークショップをして、
2017は がま口100 に赤いがま口を出品。

そして3回目の2018年には、刺しゅう部門に大きく展示していただけることになりました。
大きな舞台を頂いたので、スウェーデン刺繍でしか出来ないことを表現したい!と準備してきました。

今日作品をヴォーグ社ビルに納品しに行ったところ、
刺繍の世界の尊敬する先生方のお隣に、展示して頂けると聞いて
震え上がっています……。

今回のテーマは 「旅する刺しゅう」。
私の作品は、正にいつも私と旅しています。

f0361510_22115682.jpg

今年も石垣島や北海道に、一緒に旅した刺繍達は、
帽子作家のninguruさんの手によって、こんな風に仕上がりました。


f0361510_17010738.jpg




f0361510_17002945.jpg


f0361510_17004496.jpg


東京では、久家道子先生のプチポアン刺繍協会のブースで、3日間13:00~14:30にスウェーデン刺繍のブローチワークショップをします。「スウェーデン刺しゅうの図案帖」や、久家道子先生オリジナルのスウェーデンクロスも持っていきます♪

プチポアン刺繍の皆さんの作品も、大作ばかりで見応えあります。プチポアンのワークショップも私の前と、後にありますよ。
こちらもとっても可愛い刺繍が出来ます!

東京から始まり、大阪、名古屋、新潟と回ります。
是非ご覧下さい!

by Atelier18 | 2018-09-13 22:22 | ハンドメイド | Comments(0)

スウェーデンハウス 北海道札幌の宮の沢モデルハウスで、
私の作品を展示して、「スウェーデン刺繍」をご紹介して下さっています。

f0361510_16214932.jpg

残念ながら、私は行くことは出来ませんが、
素敵な写真が届きました!

「スウェーデン刺しゅうの図案帖」と合わせて、サンプラーや、掲載作品などを展示して下さったので、じっくり見ることが出来ます。

今年はスウェーデンと日本の国交150周年なんです!
生活の中の手作りを愛するスウェーデンへの憧れを込めて名付けられた「スウェーデン刺繍」。
その企画の1つとして、スウェーデン刺繍をご紹介下さいました。

29日までですので、北海道の皆様に是非ご覧頂けたら嬉しいです!




by Atelier18 | 2018-07-18 23:46 | ハンドメイド | Comments(0)

7/14(土)~29(日)スウェーデンハウス 北海道 宮の沢モデルハウスで、
「発見スウェーデンフェア』として私のスウェーデン刺しゅう作品を展示してくださることになりました。 

『手づくり手帖』初夏号に掲載された作品や、春の作品展に出品したもの、
『スウェーデン刺しゅうの図案帖』の刺しゅうサンプラーなどなど・・・。

北海道の皆様にスウェーデン刺しゅうを知っていただく機会を作って頂き、とても嬉しいです。





今回の準備中に、私のスウェーデンの思い出、懐かしいアルバムを開きました。

それは、スウェーデンのダーラナ地方にある手芸学校セーテルグレンテンのサマースクールに参加したときのアルバム。

ホームページを見ると、木工・金属・織物・編み物などなど、楽しそうなコースが沢山。

その時私は染織をしていましたが、言葉がわからなくても参加できるかな・・とウール刺しゅうのコースに参加しました。

f0361510_12103295.jpg


スウェーデン国内はもちろん、世界中から集まった手芸好きの個性豊かな老若男女と過ごす5日間。
下の写真は10:00のお茶「フィーカ」の時間。残念ながらウール刺しゅうのカリーナ・オルソン先生が隠れています・・・。

f0361510_12111439.jpg

宿泊するお部屋は、ベッドカバーや絨毯が手織り。
手づくりのお食事はバリエーション豊かで美味しく、毎日毎日みんなとコーヒータイム『フィーカ」を楽しみ、
夜まで明るいので、刺しゅうし続ける、夢のような時間。
最後の日は楽しい作品発表会!!

今年もサマースクールが楽しそうです!!
HPは日本語にも翻訳されています。




一つ一つ手描きされた可愛い椅子が並んだその学校の図書館で、
久家道子先生の「スウェーデン刺しゅう」の本を発見した時の驚きと 嬉しさ!!

f0361510_12114776.jpg

f0361510_12122222.jpg
そんなスウェーデンでの日々を思い出すような、素敵なスウェーデンハウスの空間で、
「スウェーデン刺しゅう」をゆっくりご覧ください。

手芸の盛んな北海道で、スウェーデン刺しゅうが広がっていきますように。


by Atelier18 | 2018-07-12 17:14 | ハンドメイド | Comments(0)