スウェーデン刺しゅうは長く刺せる!ということで、これまでも布巾いっぱい、85cmまでは刺してきましたが、
今回はその倍の長さを刺しています。
久家道子先生は、スウェーデン刺繍は大きくどこまでも刺すことが出来るから、ベッドカバーなども刺せるように
広幅で織りましょう!と、始めてこの生地を織った時に 広幅で織ったのです。

今回はその生地を使っています。

f0361510_19110302.jpg



f0361510_19111700.jpg


日本ヴォーグ社 「手づくり手帖」をご覧になって、始めてスウェーデン刺繍をご覧になった方もいらっしゃるでしょうか。
掲載のテーブルセンターキットも本発売と同時にお申込みがあり、好評とのことで、とても嬉しいです。
特集にもなっている広島のチューリップさんの針をセットして頂きました。


今回の作品も『スウェーデン刺しゅうの図案帖』でも、私の作品は久家道子先生のオリジナルスウェーデンクロスを使用しています。

このクロスは針を進めると自然に布に通るような刺し易さを大切に織られたので、仕上げが柔らかく、布目のカウント数も少し粗くなっています。
他のメーカーさんのスウェーデンクロスとは目数が違いますので、手芸屋さんや通販でお求めになった生地で刺される場合は
出来上がる模様の寸法などに違いが出ます。


仕上げがソフトなので、その分 水通しすると縮みます。
他の生地と縫い合わせる場合には、刺しゅうしてから水通しして、お使いになることをおすすめしています。
刺しゅう糸も一緒に縮み、まるで織物のようにきれいに縮絨します。

他のメーカーの生地はピンクや水色などの色があったり、きちんと仕上げてある、良さがあります。

やってみたいけれど、近隣の手芸屋さんにはスウェーデンクロスを販売していなくて、材料が揃わないとの
声も届いています。

久家道子オリジナルスウェーデンクロス ご希望の方は、㈱アトリエ久家にお申し込み下さい。
生成りと黒の2色 布幅86cm 「50cm単位」で販売しています。


生成り 3,240円(税込)/ 1m
黒   3,780円(税込)/ 1m

50cm単位

送料は1mまででしたらレターパックに入りますので360円です。

お申込み頂いたあと、 金額と振込先をお知らせして、お振込が確認出来次第の発送になります。
お申込みはメール又はFAXでお願いします。
㈱アトリエ久家
メール kenji@atelier-kuge.co.jp
FAX 03-3381-1849 

申し訳ありませんが、現在のところ 刺しゅう糸や針は販売しておりません。
5番糸が手に入らないという方もいらっしゃるようです。
25番糸で刺される場合は、6本どりや、12本どりで刺すこともできます。


京橋にある越前屋さんでは、スウェーデンクロス、5番糸も全色!!
スウェーデン刺繍針も各種取りそろえていらっしゃるのでオススメです。通販もあります。
HPにはオリムパス社のクロスしか出ていませんが、お店には久家道子オリジナルのクロスもあります。
今回私が刺している 広幅175cmかもしれません・・・。(お値段は倍です)


スウェーデン刺しゅうの図案帖は、ページごとに色合いを合わせて刺したサンプラーが沢山あり、
ほぼ実物大で掲載しています。
例えばポーチを作る時、作りたいもののサイズに紙を切り抜いて窓からのぞくようにして、
図案を決めるのもおすすめです。

今後のワークショップは、下記のとおりです。決まった時にはBlogやインスタグラムでお知らせしています。
5/29 北欧手しごと教室 
6/8 三越日本橋本店はじまりのカフェ
6/26 北欧手しごと教室
8/2 三越日本橋本店はじまりのカフェ
9/4 朝日カルチャーセンター新宿


また、私がDesignしたキットが フェリシモで販売されています。
こちらもぜひお楽しみ下さい。















[PR]
by Atelier18 | 2018-05-20 19:02 | ハンドメイド | Comments(0)

f0361510_14562650.jpg


日本ヴォーグ社 手づくり手帖 初夏号 涼やかな手仕事 
心待ちにしていた本が 本日 届きました!!

昨年秋から作っていた作品の数々・・・。
第2特集 大人の学校 「日本生まれのスウェーデン刺しゅう」として とても魅力的なページになりました。



f0361510_14564174.jpg


ファブリックパネルやクッション・・・ハンチング等など・・・。


ハンチングはこちらのBlogにも 2016年 8月にその製作過程について 記しています。

2段上がりのバリエーションを全面に施したものを、帽子作家のニングルさんに仕立てて頂いたものです。


f0361510_14565903.jpg


テーブルセンターのレシピも掲載。
こちらはキットも通販されます。

作品展でも多くの皆さんが刺してみたい!!と仰っていた ファブリックパネルの図案も掲載しています。
糸がとぶのでバッグなどにはむきませんが、密度があって刺し始めると止まらない・・・図案です。


私のあこがれの染色家 吉岡先生のお話や、私もスウェーデン刺繍で愛用の 針のチューリップさんについて・・等など、 
読み物としても面白い 「手づくり手帖」。

ぜひ手にとってご覧ください。
Amazonからも購入できます。


掲載のこのクッションを刺してみたい!!
とおっしゃる方も多いので、この刺し方のワークショップをしてみようかなと計画中です。
クッションは大きくて なかなか大変なので、まずは小さなポーチなどを考えています。

「スウェーデン刺しゅうの図案帖」発売からまもなく2年。
スウェーデン刺しゅうの輪も広がってきました。
そろそろ、アトリエでワークショップ始めようかなと 思っています。
第一回目に このステッチにしようかな・・・と。

お楽しみに・・・!!


[PR]
by Atelier18 | 2018-05-16 14:53 | ハンドメイド | Comments(0)


目白にある重要文化財「自由学園明日館」にあるJMショップで「刺しゅう日和」始まりました。

初日から2日間 春を呼ぶ雨に降られましたが、
多くの皆様にお越しいただきました。

会場には沢山のお花も届き、春らしい空間になりました。ありがとうございました。
f0361510_11585147.jpg

初日には朝日新聞東京に作品展について 載せて頂くことができました。
新聞を見てのお問合せも多く、ワークショップに参加して下さいました。



ブローチのワークショップは2種類の図案から選んで、お好きな色で刺します。

皆さんきれいに完成して、胸に付けてお帰りになりました。

スウェーデン刺しゅうは 刺しながらおしゃべりもできるので、
そこで初めて会った方々とも、テーブルを囲んで、刺しゅうの話などで盛り上がりました。


f0361510_11594117.jpg


f0361510_12000736.jpg



f0361510_12002286.jpg


f0361510_12004013.jpg


f0361510_12010474.jpg

昨日は幼稚園を卒園したばかりの女の子も参加。パステルカラーで刺しました。
少しだけお母さんに手伝ってもらいつつ、でも自分で仕上げたくて、頑張りました。
大満足の笑顔。

髪ゴムにして、4月からの小学校に付けて行くそう。

f0361510_12012106.jpg


ブローチの写真の木の質感は、明日館で使われていた、食堂のテーブル。
F.Lライトの弟子、明日館を共に創り上げた、遠藤新のデザインです。

24日 31日も13:00~14:00までワークショップを致します。
店内ですので一度には4名様までですが、30分位で交替出来ると思います。

是非お越しください。




[PR]
by Atelier18 | 2018-03-22 11:58 | ハンドメイド | Comments(0)

師走に入ったことに、気づかないふりをしたかったのですが、来年のカレンダーに書き込む事が日に日に増えて、あー、今年の終わりの準備も出来ていないのに!と心の中で叫びつつ、スウェーデン刺繍の作品を作る毎日です。


今は、来年始めに撮影予定の手芸誌のための作品作りをしています。いつもとても素敵な本なので、お話を頂いてワクワクしつつ、ピッと背筋が伸びる思いで刺繍を進めています。

f0361510_18343875.jpg


f0361510_18362462.jpg

刺繍はほぼ刺し終わって、これから丁寧に仕立てていきます。

織物もそうですが、刺繍も仕立てて立体になると、命が吹き込まれた様に輝きだすから素敵です。


それから、来年の3月20日から2週間、「自由学園明日館」の桜が咲く頃、館内のJMshopで作品展をすることになりました。
そちらにむけても作品作りが始まっています。

こちらは、私が20年勤めた自由学園工芸研究所のショップで、現在のショップの立ち上げの時は中心になっていたので、ふるさとに帰るような気持ちもあります。

明日館が重要文化財になり、使いながら保存する動態保存という形で開館した時です。

f0361510_18414398.jpg


f0361510_18365384.jpg


その他にも1月締め切りの仕事が幾つかあり、
気持ちは焦りつつも、1つ1つがとても大切なので、じっくり取り組んでいます。

冬晴れの明るい日差しのなか刺していると、時々「色と色が出会った!」と思う瞬間があります。そんな時は今日は「刺繍日和!」と幸せになります。



[PR]
by Atelier18 | 2017-12-11 18:19 | ハンドメイド | Comments(0)

f0361510_00132089.jpg

前回、それぞれがお好きな色を選んで、こんな風に刺し始めたモノクロのバッグ。

皆さんお家で刺繍を仕上げて集合。
そしていよいよ、タッセルを付けて完成しました!

素晴らしい作品が出来あがったので、ご紹介します!

みんな同じ刺し方なのですが、選んだ色と、その配色で、こんなに違う表情になります。

f0361510_00042814.jpg


f0361510_00044549.jpg


f0361510_00050599.jpg


f0361510_00052859.jpg


f0361510_00110660.jpg



こんな風に斜めからパチリ。

f0361510_00114028.jpg


f0361510_00115796.jpg

それを皆さんで見合うのも、本当に楽しい時間です。
自分には出せない美しい色合いに、いつも感嘆の声が上がります。
どれも素敵で、何よりその方に似合っているから益々素敵です!

こんなに個性が出る刺繍は無いのではないでしょうか!
同じステッチなのに、見本もあるのに、自分の世界が生まれるのです。自分の表現になるのです。
その楽しさに、皆さんハマっています。


今年度から始まったリビングアカデミーのスウェーデン刺繍クラス。初年度なので、年6回の予定で、実は今回が最後のつもりでしたが、続けたい!との声があがり、あと3回やることになりました。
お陰さまで来年度も開講が決まりました。

1回がお昼もはさんで5時間と長いので内容も充実していて、毎回宿題が出るのですが、皆さんしっかり仕上げてきて、他にも次々作ってこられるので、私が毎回驚いています。
次回はこれまでに作ってこられた作品もご紹介したいと思います。


[PR]
by Atelier18 | 2017-11-13 10:24 | ハンドメイド | Comments(0)

9月にこちらでご紹介した、カインズホーム限定デザインの 花王リセッシュ。

パッケージデザイナーの友人からの依頼で私がチクチクと刺繍したものが 容器になっています。
詰め替え用も、アイキャッチのためのシールも刺繍とオレンジ色が効いてて、可愛いです。

HPでは見ていましたが、いよいよ発売になったので、ディスプレイされた様子が見たくて、店舗に行ってみました。
カインズホームは 郊外にあるホームセンターなので、雨の中車を走らせ昭島店へ・・・・。

f0361510_14335861.jpg
ありました!!

キャンペーンのディズニーランドと Halloweenのイメージとも合わせて、オレンジのコーナー!!

上段に並んでいました、花王リセッシュ。
f0361510_14343516.jpg

バスマジックリン トイレマジックリンなども オレンジ。
タイルのようなイメージでしょうか・・・。


f0361510_14345448.jpg



f0361510_14351620.jpg



私が刺した刺繍が、こうやって日本中のご家庭の、ひとつの色になっているのだなと思うと、とても不思議で 嬉しい気持ちです。

嬉しくてシュパシュパしています。

近くにカインズホームがない!という方は 通販でも買えます。
店舗よりお安いようで、驚きです。
私もまとめ買いをしようかな・・・。




[PR]
by Atelier18 | 2017-10-30 16:31 | 刺繍 | Comments(0)

今朝は NHK あさイチでも手芸のオススメ やっていましたね。
スウェーデン刺繍 簡単で ヤメラレナイトマラナイ 楽しさがあるので、
是非オススメしたかったなーと思いながら見ていました。

f0361510_15332627.jpg




スウェーデン刺繍は、布目をすくっていく刺繍です。
布の耳から耳まで・・・布幅いっぱいにさしてみよう、とお気に入りの図案を刺してみました。



f0361510_22200601.jpg
この1段上がりのステッチは、1目1目刺すので、少し時間がかかります。
と、いうわけで私も数ヶ月かけて、途中に色々な作品をはさみつつ、刺しました。


f0361510_23070656.jpg
ふっくらと密度のある刺しゅうです。


糸が足りなくなると、裏でこのように糸つぎをしています。
もちろん 表のダーニングステッチでついでも大丈夫です。

スウェーデン刺繍の場合は、ミシンで仕立てる時に、タテ・ヨコ 刺繍から何段目で縫うか・・・段が揃っているととてもきれいです。
「スウェーデン刺しゅうの図案帖」にも書いてありますが、
私は 縫うラインを決めたら、写真のように表から針を刺して、その布目に線をひきます。

あとは裏地と重ねてまち針をうって、このラインで縫えば、きれいに真っ直ぐ出来上がります。

f0361510_23085075.jpg


そして・・・
この刺繍を ベルトに仕立ててみました。

夏にサッシュベルトを浴衣に巻いていたのを見て、刺繍のベルトを思いつきました。




f0361510_23043523.jpg

モデルが私なのが残念ですが、
ワイドパンツのウエストのゴムが隠れて 少し斜めになるのもよい感じです。
リボンを脇にしても良さそうです。


f0361510_23051950.jpg


f0361510_23060464.jpg
普段 そんなことを言わない息子が、それいいね、と言ってくれたので、
ベルト、いろいろ作ってみたくなりました ♪

[PR]
by Atelier18 | 2017-09-25 16:04 | ハンドメイド | Comments(0)

9月に入って すっかり涼しくなりました。
街を歩くとお洋服やディスプレイが秋めいた色合いで、季節が変わったことにハッとします。


そんな風に秋を感じるものを ご紹介します!!
カインズホームで10月中旬発売の 

花王リセッシュ除菌EX ハーバルフローラルAW


カインズホーム「限定デザイン」でカインズホーム店舗とネットショップでしかゲット出来ないものです!!

f0361510_15151349.jpg


オレンジが印象的なパッケージ。
ふっくら立体感を感じるお花の刺しゅう。

実はこれ、私が刺しました!!

パッケージデザイナーの友人の依頼で取り組んだお仕事です。
テキスタイルデザイナーでもある彼女のデザインしたリズミカルな花々。

柔らかい曲線の立体を考えつつ刺すのは、少し視点が違いました。
夢中で刺したものが、こうして発表されると身の引き締まる思いです。

下にリンクをはった  2017AW Style bookもご覧ください。

店頭に並ぶ 10月が待ち遠しいです。










[PR]
by Atelier18 | 2017-09-15 15:00 | 刺繍 | Comments(1)

8月にクリスマス向けのオーバル型のブローチについて書きました。

色の分割なので、どんな色合わせも出来る、いろいろやってみなくちゃ・・・と楽しみつつ
写真にも載せたように いくつか作ったのですが、納得のいく配色まで
できていませんでした。

8月に作っていたのは小さいオーバル型だったので、
一回り大きいオーバル型でやってみよう!と思ったちょうどその時・・・。

なぜか9歳の息子が、小さいときに読んでいたこの絵本を読んでいた。
五味太郎さんの 「たべたの だあれ」。

見た途端 ピピッと来た。
小さいオーバル型では横線だけ入れて色を分割していたけれど、
一回り大きいと、縦線も入れられる♪

そしてベースにグレーを入れるとビビットな色でも どんな色でも持ってこれそう♪

早速 「たべたの だあれ」の表紙から色をとって チクチク。

f0361510_16312423.jpg

f0361510_16330305.jpg


グリーン好きな私は緑でも作ってみる・・・。
気持ちがシャキッとするブローチができました。
f0361510_16332218.jpg
デザインのヒントは いろいろな所にあります。

「たべたの だあれ」は大好きな絵本です。本の中の絵も とっても素敵なので、シリーズで作って見ようと思います。

五味太郎さん 素敵な絵本をありがとうございます!!

[PR]
by Atelier18 | 2017-09-11 15:41 | ハンドメイド | Comments(0)

久しぶりの更新です。

ハンディクラフツにスウェーデン刺繍の作品とRECIPEを紹介して頂きました!!
こちらは日本手芸普及協会 会員向けの雑誌です。

f0361510_14482803.jpg
                        (公財)日本手芸普及協会刊 ハンディクラフツvol104
f0361510_14484781.jpg
右ページは入門として2つのステッチで出来るピンクッション。
左ページは バネ口ポーチとブローチ。
両方共 菱形◇のステッチになりました。
スウェーデン刺繍ならではの作品にしたいなーと思いながらデザインしました。

             
f0361510_10505243.jpg
色違いの上の作品は、明治チョコレートのパッケージに衝撃をうけて刺したものなんです。

昨年も書きましたが、私が使っているクロスは、生成りと黒の2色なので、刺繍をしない無地の部分が広い時に
その大きさや形が気になることが時々あります。

そんな時に見たこのパッケージ。
縁取ることで空間と 空間の質感が生き生きしてくることを感じました。
f0361510_15363462.jpg
刺繍しながら・・・・もちろん全色 頂きました!!
パッケージデザインも、味も素晴らしい!!


私の師匠 久家道子先生は (公財)日本手芸普及協会の 名誉会長。
昨年から4号に渡り 「世界の手芸コレクション」と題して先生が世界中を歩いて出会った
素晴らしい手仕事の数々を、美しい写真と共に紹介して頂きました。

今回が最終回。
アジアの刺繍やバルジェロなどです・・・。
下の写真 左ページの真ん中のグリーンのテーブルクロス・・・本当にきれい!!
バングラディシュの刺繍です。
f0361510_14494240.jpg
f0361510_14500809.jpg
先生のコレクションは、京王プラザホテルのプチポアンショップで時々展示しています。
今月はイタリアのフローレンスモザイクがご覧頂けます。

[PR]
by Atelier18 | 2017-09-07 14:47 | ハンドメイド | Comments(0)