今年はキルト&ステッチショーに「アトリエ久家」としても参加。久家道子プチポアン刺繍協会の会員の方の素晴らしい作品を展示致しました。

f0361510_22293945.jpg


f0361510_22423164.jpg

プチポアン刺繍は、大変細かいシルクの紗に
25番糸2本どりや、細かいものでは1本で、テントステッチで刺す刺繍です。

遠くから見ても圧巻のキルトとはスケールが違い、緻密な手仕事。

大変細かい刺繍ですので、近づいてご覧下さい!!と
声をお掛けしました。

f0361510_22425998.jpg

モノトーンの宮廷の様子。


f0361510_22431220.jpg



f0361510_22433094.jpg

本当に手で刺しているんですか?

何ヵ月かかりますか?
と皆さんが驚いていらっしゃいました。

f0361510_22435548.jpg



f0361510_22442297.jpg


また、ワークショップも大勢の方にご参加頂きました。
初めての方が多かったのですが、さすがにキルト&ステッチショーに来られる方々は皆さん器用で、女の子の図案も、バラの図案もきれいに仕上げていらっしゃいました。

f0361510_22465930.jpg


f0361510_22500948.jpg

是非来年もまた刺したいです♪と言われる方も多く、
是非来年も来たいねーとスタッフ一同願っています。

[PR]
by Atelier18 | 2018-10-09 22:25 | ハンドメイド | Comments(0)

日本ヴォーグ社「手づくり手帖」2018初夏号
特集2 のおとなの教室は「スウェーデン刺繍」。

素敵なページになりました。




図案とレシピが掲載されている、テーブルセンター。
夏の木立をイメージして作りました。

生地とDMC5番糸と、針のキットをヴォーグ社で通販しています。

ご注文頂いているようで、大変嬉しいです。

シンプルな4つのステッチの繰り返しなので、初心者の方にも簡単です。
80cmほどのテーブルセンターで長いので、半分に切ってティーマットとコースターなどにアレンジしても良いかもしれません。


生地はスウェーデン刺繍の名付け親、久家道子先生オリジナルのクロス。
仕上げがソフトで刺しやすいので、学校の教材としてとても喜ばれています!!

針は私も愛用している広島の針メーカー「チューリップ🌷」のスウェーデン刺繍針をセットしてくださいました!
スウェーデン刺しゅうの場合は、針先の角度や、針全体のしなりが、刺しやすいのです!
刺しゅうや編み物など、チューリップさんの針を使っていらっしゃる方も多いと思います。

初夏号でもチューリップさんについて詳しく特集されています。是非ご覧ください!!

糸はDMC 5番糸。カセの輪を1mに切って、2本取りで刺します。

インスタグラムでもご紹介下さいました。



[PR]
by Atelier18 | 2018-06-19 14:57 | ハンドメイド | Comments(0)

5月になりました。
早速蒸し暑く、夏日ですね。

日本ヴォーグ社「手づくり手帖」17号 初夏号がまもなく発売になります。
テーマは「涼やかな手仕事」
特集はタディングレース。

そしてそして!!
第2特集「大人の学校」は「スウェーデン刺しゅう」!!

大好きな『手づくり手帖』ということで、その嬉しさを込めて作品を作りました。
素敵な写真を撮って頂き・・・素敵なページになりました。





スウェーデン刺しゅうをどんな作品に仕上げるか、というのは常に私のテーマですが、
様々な手芸が掲載される手づくり手帖ということで、
今回は 「スウェーデン刺しゅうでしか出来ないこと」を意識してデザインしました。

刺しゅうを長く続けて刺せる という特性を生かして密度のある刺しゅうを布幅いっぱいに刺し、
クルミ材に埋め込んで ファブリックパネルに。

f0361510_17482688.jpg


又、シンプルなステッチを途中で変化させて模様を作り出したクッション。などなど・・・。


RECIPEも掲載しているのは テーブルセンター。
晩秋に製作しましたが、「涼やか・・涼やか・・」と念じつつ、「夏の森」をイメージして作りました。

これは初めての体験でしたが、刺しながら、不思議と新緑の木の下を歩いているような気持になり、
これまで重ねてきた数々の夏の旅の思いでが鮮明に思い出されました。
特に馬に乗って木々の間を歩いた時の感覚です。
(蓼科で外乗り70分という体験は素晴らしかった!!)

こちらは2段上がりと3段上がりとクロスという、スウェーデン刺しゅうの基本的な3種類のステッチを使ったものなので
スウェーデン刺しゅうをはじめてみたい方にもおすすめです。
これから始めて、旅先に持っていくのもオススメです。

涼やかなページになっています!!



作品展の準備と重なり、製作に没頭する日々でしたが、
重厚感のある作品になりました。

「見たことのない作品を作って欲しい!」という難題を出して下さった編集者さんに何より感謝です。
是非ご覧ください。












[PR]
by Atelier18 | 2018-05-02 14:20 | ハンドメイド | Comments(0)